絵葉書を送ろう!

香港から手紙を送ったことはありますか?最近はメールやSNSで連絡を取れるので日常的には使わない方も多いかもしれませんが、メッセージカードを送る時や贈り物をしたい時ってありますよね。覚えておくと結構便利ですよ!また、香港に旅行で来た方も、旅先から絵葉書を送る方もいらっしゃると思います。ぜひ参考になさってみてくださいね♪

最近、わたし香港内で引越しをしたんです。その報告を大学時代の恩師にしていなかったのですが、メールも味気ないので絵葉書を送ることにしました。香港で郵便局のことは「郵政局」と言います。今回訪れたのは中環の郵政局。ifcやスターフェリー乗り場に近く、見かけたことがある方も多いかと思います。絵葉書を送るための3つのステップをご紹介します!

<Step1 切手の料金を確認する>

ハガキの大きさ、送り先、によって料金が異なります(封筒の場合は重さも)。今回、自分で判断するのが不安だったのでカウンターで職員の方に聞くことに。私の持っていたハガキで日本に送る場合、HK$4.90の切手が必要だそうです。外に切手の自販機があり、そこで購入とのこと。小銭を持っていなかったのですが、その場で両替もしてくださいました。またハガキに「BY AIR MAIL」のシールも貼ってくれました。

<Step2 切手を買う>


職員の方に教えていただいた通り、建物外に切手の自販機を発見。切手の自販機って私はじめて!楽しくなってきました!小銭を入れて$4.90のボタンを押すと、横の穴から切手が出てきます。

<Step3 切手を貼って投函する>

もう一度室内に戻り、カウンター正面にいくつかある机で切手を貼ります。入り口近くにポストがありますので「AIR空郵」というところに投函。これで完了です!

全部終わるまでに3分ほど。HK$4.9で日本まで絵葉書が送れるなんてとっても素敵ですね♪

最近日本にいる友人の結婚報告や出産報告を受けることが多くなりました。お祝いの贈り物はインターネットで済ませ、プラスαで香港の絵葉書を送るのもいいなと思っています。そういえば故郷の祖母はPCや携帯を持っていないから、絵葉書で近況報告をするのもいいなぁ。

素敵な夜景やかわいい絵柄の絵葉書がたくさんある香港。ご両親、ご友人、恋人に、たまには絵葉書を送ってみるのはいかがですか?受けとった相手も喜んでくれるかも!!

香港郵政
https://www.hongkongpost.hk/en/home/index.html