2018/03/14

~ 自分のために旅をする ~

久しぶりに、東南アジアを旅しました。ここのところ、仕事のことなどを考えると、自分の意志で行きたいタイミングで行きたいところに行く!ということに、なかなかOKが出せていませんでした。仕事を兼ねてならOK, 人が休んでいない時のVacationには少し罪悪感… 日本人にはよくありがちなパターンですね。

今回の旅、急に決めたのですが、どうしようか迷っていた翌日、あるグループミーティングで、4人参加のうちのふたりがシンガポールからの参加というシンクロ二シティがあり、また別のシンクロニシティも重なり、私の中で「これはGoサイン!」と受け取ったのでした。

行きたいけど行けない。やりたいけどやれない。
時間が…、お金が…、家族が… ペットが… etc.
そう思っていることは、実は多くの人にあるのではないでしょうか。

シンガポールは、ちょうど雨季から乾季に代わる時で、暑すぎず爽やかな風に吹かれ、最高に心地いい時期でした。特に、日本は雪が降り続いている寒い時期でしたので、カラッとした常夏の国は、太陽を浴びているだけでまるで天国にいるような(笑)、とても幸せな気持ちになれました。気候というのは、そこに住む人のMindまで影響しますよね。

常夏の国や亜熱帯の国に暮らす人は、明るく、笑顔の人が多いですよね。そして、あたたかく降り注ぐ太陽の光…それだけで癒され、自然の素晴らしさ、地球の素晴らしさを感じます。

運を上げるには、なるべく「遠くに旅する」のがいいという説があります。300km以上離れているところに行くといいということなのですが、自分が行きたいと思うところ、ワクワクする場所に行くと、必ずその土地のエネルギーをもらうことができるはずです。

日頃忙しい方で、自分のための時間をつくることが後回しになっている方は、ぜひ、気持ちをリフレッシュすること、ゆっくりすること、頭の中を空っぽにすることを目的に、訪れたことのない場所、リラックスできそうな場所を選んでみてください。

Life is short. あなたの行ってみたい国や場所はどこですか?
目を閉じて、世界に思いを馳せて… ぱっとひらめいた国への計画をたてるのもおすすめです。

旅は、どんな時も、自分自身と深く対話できる時間を与えてくれます。
どこに行くか、誰と行くかも大事ですが、それ以上に大事なのが、自分の癒やし・成長・人生の大きな気づき、自分の内面と向き合う時間です。

まず世界地図を広げて(もしくは地球儀を眺めて)、あなたのintuition – 直感を使って、「”私”の未来のためにどこに行けばいいですか?」と聞いてみるところから始めましょう。

※ このコラムへのご感想をお寄せください。info@hongkonglei.com

author-ph_0001_sali-san生田サリー


フリーアナウンサー、日本/アメリカで、司会、リポーター、ナレーターとして数多くの番組に出演。現在は、人生・夢・女性としての生き方についての講演など、幅広く活躍中。
http://www.saliikuta.com


Backnumber
Happy Women’s Talk vol.20
Happy Women’s Talk vol.21
Happy Women’s Talk vol.22
Happy Women’s Talk vol.23
Happy Women’s Talk vol.24
Happy Women’s Talk vol.25

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »