2019/05/15

新米ママの香港子育てひとりごと

盗られちゃいました

奪われて早半年…ようやく心の傷も癒えたので(笑)。
同じママさんたちにも気をつけていただきたく、ここに情けない出来事ですがしたためることにします。

去年の10月に里帰り出産から香港へ戻ってきました。当時息子は3ヶ月になったところ。首も座るか座らないかのレベルで抱っこ紐とベビーカーを両方使って、地下鉄はどこにエレベーターがあるか、タクシーはどこが拾いやすいか、オムツ替えができるトイレはどこにあるか…と香港の環境になれる作業に追われていました。

その日はハロウィンが近く、街もいつもより混んでいました。
わたしは香港のママ友達に初めて息子を会わせた帰り道、ベビーカーで湾仔駅のエレベーター乗り場にて地上から駅の改札に向かうべく、列に並んでいました。

わたしも息子も移動に慣れておらず、暑かったのもあってちょこちょこベビーカーを覗き込んでは無事を確認。この時もエレベーター前で混雑していたのもあって、端によって様子を見ていました。
するとわたしの後ろに並んでいた人が妙に背後近くに立とうとするので、一度振り返って荷物が当たっていないか、ぶつかっていないか確認し、まあ混雑しているし仕方ないかと思い再び前を向きなおし、肩にかけていたバッグだけ肩の前で持ち直しました。

そうこうするうちにエレベーターからたくさんの人が降りてきたので、またベビーカーが邪魔にならないように、他の人が息子に当たらないように…など気にしつつ、なんとか無事にエレベーターに乗り込んで改札を通ったところで、時間を確認しようと外ポケットに入れていた携帯を探すも。見当たらない。
あれ?と止まってバッグの中を探すもない。ない!
どこにもない!!!

湾仔の駅のホームで血の気がサーっと引くのを感じつつ、落ち着いて今一度冷静に探すも、ないものはない。最後に携帯を確認してから、距離にして数十メートル、時間にして3分の間、あっという間の出来事でした。本当に速攻で盗まれてしまいました。

改札へ戻り駅のスタッフの人に失くしたことを伝え事務室へ。
その辺りでうっすら、さっきエレベーターで並んでいた後ろの人の妙な近づき感を思い出す…あーたぶん、あいつだわ。

学生のような若い出で立ちの男性で携帯でゲームをしていたあの人だ。

一度警戒したもののエレベーターに乗るのに気が取られ、結局いつも通り肩がけで、ついでに無意識にバッグを後ろの背中にやりながらベビーカーを押してたわ。しかもちょこっとの間とばかりに外ポケットに携帯入れちゃってたわ。どうぞどうぞ、といわんばかりに。

もう情けないのと悔しいのとでしばらく呆然としてしまいました。
その後警察も来てどこで取られたか、犯人の特徴や盗られた場所なども説明し、「どうする?調書もとっておく?」ということで護送車で湾仔の大きい警察署に親子で輸送され、そこでまた一から盗まれた経緯を説明し直し…途中息子は泣くわ授乳しなきゃだわ文書を広東語と英語で作成する~とかで待たされるわで、結局家に帰れたのは夜10時。帰りのタクシーの中でさめざめ泣けてきました。

ここで皆さんにおすすめしておきたいことは、まずはパートナーの連絡先をメモして携帯以外のところにきちんと保管しておくことです。
わたしは主人の名刺を写メして携帯に保管していました。なので全く役に立たず、結局自力で番号を思い出し(奇跡的)なんとか連絡がとれました。SNSなどを利用できればどうにか連絡を取る手段もあるかと思いますが、お財布や手帳など、普段持ち歩くものにしっかり入れておくべきだったと思いました。

それから、これも大反省したバックアップ。しばらくしてないぞ…
盗まれたことに気付いた瞬間、ふっと頭をよぎったのは「息子が生まれた頃の写真が全部なくなった!」ということでした。
幸いこちらも、グーグルフォトに携帯を連動させておいたことが功を奏し、PCに残っていてくれました。ただ盗まれた瞬間はそんなことにも気づけず、携帯がなくなったことよりも思い出が奪われたことのダメージが大きかったです。これは痛かった。。。


(すられる直前に撮った写真。グーグルフォトに残っていたがやはり携帯に保存していたものより画素は下がるらしい。涙)

備えあれば憂いなし。普段からできたはずのこの2点は、何かトラブルに巻き込まれた時などのための予防策にもなると思います。

盗られて半年。現在もちろん警察からは何の音沙汰もなく、主人曰く「盗られて2時間後にはきっと深圳行っちゃってるよ」とのこと。
警察の人からも、イベントや祝祭日近くは犯罪や窃盗が増えること。また子連れ、ベビーカー連れの女性はターゲットにされやすい、とのご忠告をいただきました。(特に日本人は脇が甘い!って私のことだったな)

自分の不注意も相まってお恥ずかしい事件でした。でも皆さんにも気をつけてもらいたいのでシェアしてみました。

ところが、後々聞けば、香港に来てお財布や携帯を盗られる被害に遭っている人が、私だけじゃなくたくさんいてびっくり。しかも皆んな声を揃えていうのが「まさかわたしがー」。皆さんも今一度、子供たちの安全とお手荷物は都度つど確認しながら、混雑している地下鉄や街の中は気をつけてくださいね!

(新しい携帯を必死に試しているところ…痛涙 )

 

sunaga miki

筆者プロフィール:  砂賀美希

日本、シンガポール、香港でモデル活動の後、2018年7月に第一子を出産。オーガニック好きが高じてイベントのゲストスピーカーや自身でWSを開催。夫婦で健康食品やグッズをあれこれ試すことが楽しみ。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »