2022/09/25

9月23日(金)、香港政府は、これまで海外又は台湾からの入境者に課せられていた、義務的検疫措置(指定検疫ホテルにおける隔離)を9月26日(月)午前6時(香港時間)以降撤廃する旨発表しました。また、9月26日(月)から中国本土又はマカオから義務的検疫免除で香港へ入境できるCome2HK及びReturn2HKスキームの1日あたりの上限数設定も撤廃する旨発表しました。

1 海外又は台湾から入境時の義務的検疫措置撤廃に伴う変更等
(1)香港へ向かう航空機の出発予定時刻48時間前以内のPCR検査陰性証明の提示要件が撤廃されます。今後は、出発予定時刻24時間前以内の迅速抗原検査の陰性証明をオンライン健康申告時に登録する必要があります。なお、迅速抗原検査は各自で実施したもの又は医療機関で実施したもののいずれでも認められます。
(オンライン健康申告)
www.chp.gov.hk/hdf/
(2)香港居民の入境時におけるワクチン完全接種要件が撤廃されます(12歳以上の非香港居民のワクチン完全接種要件は維持)。
(3)香港国際空港で医学観察指示書及び臨時ワクチンパスが発行されます。
(4)香港国際空港での迅速抗原検査は撤廃され、PCR検査が実施されます。空港内で検査結果を待つ必要はありません。
(5)自宅又はホテルへの移動手段として公共交通機関等を利用することができます。
(6)入境後3日間は医学観察期間となります。同期間中は、外出は可能で、公共交通機関の利用、通勤や日用品の買い出しも可能です。但し、「安心出行(LeaveHomeSafe)」アプリのワクチンパスが黄色となり、指定施設への入場ができません。同期間中に実施したPCR検査及び迅速抗原検査の結果がすべて陰性だった場合、入境後3日目の午前9時に医学観察期間が終了し、ワクチンパスは通常の青色に変わり、行動制限が解除されます(入境日を0日目としてカウント)。
(7)医学観察期間終了後、4日間の自己観察期間(1日2回の検温実施等)となります。
(8)入境後2日目、4日目及び6日目に地区検査センター等でのPCR検査の受検が義務づけられます。
(9)入境後1日目から7日目まで、毎日、各自で迅速抗原検査を実施することが求められます。また、PCR検査の受検日は、迅速抗原検査結果が陰性であることを確認してから、検査会場に行くことが求められます。
(10)PCR検査又は迅速抗原検査で陽性となった場合、ワクチンパスは赤色に変わり、隔離措置は域内感染例の取り決めに準じます。
(11)9月23日(金)、24日(土)及び25日(日)に入境し、指定検疫ホテルに滞在している者は、9月26日(月)に同ホテルをチェックアウトすることができます。また、9月24日(土)、25日(日)及び26日(月)に入境した者も医学観察を行い、ワクチンパスの黄色コードの規定に従う必要があります。
(12)入境後3日以内に中国本土又はマカオに渡航することはできません。

2 Come2HK及びReturn2HKスキームの1日あたりの上限数設定撤廃に伴う変更等
(1)事前申請及び入境前のPCR検査陰性証明の取得が不要になります。
(2)入境後の自宅隔離が撤廃されます(現在自宅隔離中の場合、9月26日以降は隔離解除となり、電子リストバンドを外すことができます)。
(3)入境後2日目に地区検査センター等でPCR検査を受検する必要があります。
(4)入境後3日目までは自己観察期間となります。

(香港政府プレスリリース)
https://www.info.gov.hk/gia/general/202209/24/P2022092400048.htm

◆◆◆問い合わせ先◆◆◆
『 在香港日本国総領事館(領事部)』
電話:2522-1184 国外からは(地域番号852) 2522-1184
住所:46/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong
香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼
ホームページ: https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
※当館は、緊急と判断される事態には土日休日を含め24時間対応しますので代表電話までご連絡ください。

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。