2022/11/21

在香港日本国総領事館より

11月18日(金)、香港政府は、同日から団体旅行者に対する防疫措置を調整し、観光ガイドが同行するなどの条件を満たす団体旅行者は、入境後3日間の医学観察期間においても飲食店等で飲食可能になる旨発表しました。

団体旅行者を受け入れる旅行代理店は、旅程、同行する観光ガイド、宿泊するホテル名、食事場所(バー及びパブを除く)等に関する情報を香港旅遊業議会に登録し、観光ガイドは団体旅行者の受け入れ前後に核酸検査を受検する必要があります。

また、団体旅行者を受け入れる飲食店等は、団体旅行者を受け入れるための個室等の準備、団体旅行者の接客に携わる従業員が追加の核酸検査を受検するなどの要件に従う必要があります。

さらに、11月19日(土)から、海外または台湾から香港に入境する上記の団体旅行者は、滞在期間が3日以内であれば、入境後2日目の核酸検査が免除されます。なお、滞在期間中は毎日迅速抗原検査を実施する必要があります。

 

(香港政府プレスリリース)

https://www.info.gov.hk/gia/general/202211/18/P2022111800430.htm

 

 

 

◆◆◆問い合わせ先◆◆◆

『 在香港日本国総領事館(領事部)』

電話:2522-1184 国外からは(地域番号852) 2522-1184

住所:46/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong

香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼

ホームページ: https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

※当館は、緊急と判断される事態には土日休日を含め24時間対応しますので代表電話までご連絡ください。

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。