2019/11/21

香港政府観光局が 2019 年を「日本香港観光年」として日本と香港の観光交流を推進してきた中、今秋、香港では在香港日本国総領事館および関連機関主催による「日本秋祭 in 香港 –日本の魅力再発見」が開催中です。

 

その一環として、香港ディズニーランド・リゾートでは、11 月 16 日(土)に「香港ディズニーランド:日本秋祭 徳島阿波踊り公演」を皮切りに、徳島県産食材を使用し た特別メニューの提供がパーク内で始まりました!

今回のイベントを盛り上げるため、徳島よりわざわざ選りすぐりの先鋭たちが香港入り。踊り子が、鉦鼓、太鼓、篠笛、三味線などの演奏にあわせて、陽気でダイナミックな踊りをメインストリートで初披露しました。(迫力満点の踊りの動画は弊誌のインスタでもご紹介しています!https://www.instagram.com/hongkonglei_official/

 

さて、このイベント期間中、特別に食べられるという、香港ディズニーのシェフが腕をふるった徳島の食材を使った特別メニュー。今回筆者親子が一足早くいただいてきました。!

まず、ちょっとゆっくりとお食事がしたい人向けにおすすめなレストランが、メインストリートにあるCorner Cafe(写真下)。ここで期間中に食べることができるのが、「じっくり仕上げた阿波踊りチキンと鳴門金時のルーラード、サツマイモボールフライと野菜ソテーのグレイビーソース添え」(HK$298)。ミッキー型にかわいくくり抜かれた鳴門金時が柔らかいチキンに巻かれていて、味も見かけもグッド!しかも素材が生きた素朴な味わい。子どもが「かわいい」「おいしい」を連発して、嬉しそうに食べていました。紫色のボールは、一体なんだろうと口に入れてみると、カリッとしたコロッケのようなでもしっかり鳴門金時!でした。(笑)遊び心満載で、食べながら笑顔になる、そんなひと品でした。

その他、鳴門金時を使ったスナック&デザートは、同じくメインストリートにあるデザートスタンドのMarket (写真下)で購入して、後ろにある屋外座席スペースで食べることもできます。パーク内ではこの2カ所で特別メニューが試せます。

鳴門金時ジンジャーゼリー (写真1枚目、HK$30) はジンジャーの香りと甘い鳴門金時が程よくマッチ。冷たくして食べるので、上にかかったゼリーが甘ったるさをさっぱり感に変えてくれる筆者イチオシの一品です。   

エッグタルト(写真2枚目、HK$30) は中に甘い鳴門金時のペイストが入っていて、エッグタルトだと思って食べるととても意外なおいしさで二重丸。

鳴門金時と小豆のホットケーキ (写真3枚目、HK$38)

鳴門金時と小豆のホットケーキ (写真3枚目、HK$38)

鳴門金時チーズケーキ(写真5枚目、HK$30)

どれも鳴門金時の素材が生きた素朴なおいしさ。いろいろ回って疲れた時に、ぜひ気軽にトライしていただきたいデザートです!(実は持ち帰りもできますよ。笑)香港ディズニーランドでのみ食べられるこれらの特別メニューは2019年12月15日までです。お見逃しなく!

 

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »