2021/07/24

学校の選択肢が多い香港では、現地の公立校・私立校、インターナショナルスクール、日本人学校などから選ぶことができます。日本語を第一言語としない学校を選択した場合、日本人の親ごさんの中には、子どもにも母国語である日本語が使えるようになってほしいと願う方は多いのではないでしょうか。学校がだんだん忙しくなっていく中で、日本語とどのように触れさせればよいか、どのように勉強させればよいか、そのモチベーションの保ち方や、学校生活とのバランスなどのお話を、弊誌41号のカバーストーリーに登場してくださった日本語教師、 まどかさんに伺います。
https://hongkonglei.com/2020_4_coverstory/

【ライブ日時】
7月26日(月) 香港時間午前11時
Hong Kong LEI Presents facebook LIVE!

【ゲスト】
黎まどかさん
ESF Island School ( イギリス式中 一 インターナショナルスクール)日本語教師。国際バカロレア経験は15年以上、ディプロマプログラム日本語言語習得や文学、ミドルイヤープログラムで日本語などを教える。 香港、イギリスの大学院で言語学と教育学の修士号取得。

【聞き手】
原朋子
Hong Kong LEI 編集長
米国オハイオ州の大学を卒業後、ニューヨークにて15年ほど日本向けのテレビの番組制作に携わる。その後、発展途上地域と医療を題材にした自主ドキュメンタリー制作で約2年、世界中を周り、自主映画の編集作業がきっかけで香港に移住。2014年よりHong Kong LEIを立ち上げ、初年度はワンオペで発行。その後、ノマド経営で徐々にチームを作り現在に至る。創刊8年目。

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。