2022/05/06

そろそろ夏に入る頃ですね。

最近花が咲くところが増えて、街でも公園でも素敵な花がたくさん見られるようになりました。この間、舞い落ちるギョボクの花が目に入って、まるで雨のようでした。

童話のような公園で、亜熱帯ならではのお花を観賞するのはいかがですか。

今日は、美孚駅すぐ隣の「荔枝角公園」の中の穴場と言われているアリスの小さい公園エリアを紹介したいと思います。アクセスがとても便利で、近くに飲食店も多いので子ども連れや恋人同士のデートもぴったりと思います。

公園の入り口はF出口です。

いきなりライチの銅像!

そうか!こちらが「荔枝」角公園ですね。

橋の下を歩くと、日本の庭園があります。

石灯篭と枯山水みたいなものが、橋の下を飾っています。

私たちの目的地は、Skateparkの「極限運動場」の近くです。標識を見る時は必ずこのキーワードを見つけてください。

わかりにくいと思いますが、地図の19番のところを見てください。穴場はこちらです。

アリスの小さい公園と言われても、Google マップに入力しても絶対出ない穴場ですが、インスタで探してみたらすごく人気があるスポットだとわかります。公園の隅にすぎない所ですが、わざわざ写真を撮りに来る人は少なくないかもしれません。

木材で建てられた白いおうちがとても可愛らしく、水色の屋根も魅力的なデザインです。地元の人が、ギリシャ風小屋と名前をつけて呼んでいます。確かにどこから見ても、夏っぽくみえるし、さわやかな感じだし、それにギリシャの雰囲気がします。

白い小さいおうちの隣に、白いベンチが置いてあります。おいしいものを食べながら花を見て、素敵な一日にできそうです。わたしはお菓子やデザートなどを買って来なかったので後悔しました。

高速道路沿いに植えられた公園のキワタは落葉高木で、葉が出る前に赤い花が咲きます。種子の綿毛を利用することから「木綿」と名付けられたそうです。日本語の場合は、「木綿」は「もめん」ではなく「きわた」と読みます。

ハイビスカスは華やかな美しい花が魅力の熱帯花木として人気が集まります。日本では一般的に鉢植えですが、香港では庭木の場合が多いです。ハイビスカスの見頃は5月から9月にかけて、香港では珍しくない花です。真っ赤は普通だと思われますが、ピンク色はいかがですか?

イギリスの庭園といえば、バラが咲いている様子が憧れますね。子どもの絵本でも、バラがないとお姫様が出てこない気がします(笑)。取材の際に、可愛らしいバラが咲いていてほんとに気持ちよかったです。

荔枝角公園は広くて静かなところで、地元の人が散歩をしたり、走ったりしている様子を見るのも楽しいです。白い小屋だけでなく、公園の他の所もぜひ行ってみて下さい。


キリ
日本語教師で旅行作家。唎酒師と観光ガイド資格。特に日本が大好きで年に10回以上は訪れる。著書に『Kiri的東瀛文化觀察手帳』(2017)、『日本一人旅』(2019)、『爐峰櫻語』(2022)がある。香港の誠品商務三聯などの書店で購入可能。
ブログ Kiri-San.com
Facebook Page m.facebook.com/kirisan.page/
Instagram www.instagram.com/kirita/

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。