2019/07/15

Hong Kong LEI × ピグマリオン&キッズアイ

2020年の教育改革では「学びに向かう力や人間性」「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を身につけることが目標として掲げられています。ITが進歩したAI時代では、与えられた指示を待つ受け身の姿勢ではなく、自ら考え、行動できる人間が求められています。では、具体的にはどうすれば良いのでしょうか。「保護者の精神的な安定が、子どもの社会能力の発達に影響を与える」という研究結果があるように、日常生活での保護者の接し方は子どもの思考力と密接に関係しています。ワークショップでは言語教育、幼児教育の専門家、望月貴子先生をお迎えし、AI 時代を生きる子どもたちとどう接するべきかお話しします。

この度、教えてくださる望月先生は、前回も幼児のバイリンガル教育に関するワークショップで講師を務めてくださいました。幼児教育と言語学が専門であり、また最近では日本語教育の分野において権威のある日本語教育学会より、最優秀論文賞を受賞した、(公益社団法人日本語教育学会 http://www.nkg.or.jp/ )経験と実績豊富な先生なのです。

実は言語能力と、考える力というのはとても密接な関係があります。香港にいるのだから、バイリンガルに、と思いがちですが、一説には言語能力が低いと思考能力も弱くなるという話も。また子どもの精神的安定もまた考える力に大きく影響するそうです。そこで、言語教育と幼児教育の両方の見地から、思考能力と考える力というのはどのように育てたら良いのでしょうか?今回先生には、香港にいるからこそ聞きたい!そんな内容を、質疑応答も交えながらお伺いします!

そしてー ボーナス講座としてー

こ、これ、なんと6歳児が解いたものです。こういう暗算ができるようになると小学生以降、単位、量、図形、空間などが出てくる算数で飛躍的に伸びるともいえます。また将来的に洞察力、先を見る力も養えて、生涯に渡って有益なのだそうです。(動画では大きい位から書き込んでいます)

https://www.facebook.com/events/1289119807927993/?active_tab=discussion

今回、この回答用紙のような算数を得意にする3歳からの教育というボーナスミニ講座も教室長よりご用意しています。

9月22日(日曜日)10時より12時まで銅鑼湾ピグマリオン教室にて。ぜひママ友とお誘い合せのうえご参加ください。

【開催日時】9月22日(日) 10:00 ~11:30 (本講座) 11:30~12:00 (ボーナス講座)
【場所】銅鑼湾ピグマリオン教室
【参加費】HK$250
【定員】10名
【お申し込み】こちら
【お問い合わせ】info@hongkonglei.com


講師:望月貴子さん
児童教育・教育心理学専攻、香港バプテスト大学ランゲージセンター日本語コースコーディネーター。20年以上にわたり多言語環境の年少
者日本語学習研究に従事。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »