2020/07/15

(Please see English Translation below)

皆さま、こんにちは。今回より6回に渡り動物に関するコラムで、9Livesという動物病院より香港で生活するペットたちが健やかに生活できる情報をご紹介したいと思います。さて、1回目は夏の時期のペットのお世話についてです。

ペットはその場の換気、湿気、気温や室温、そしてペットの脱水状況などによって、いつでも熱中症になる可能性があります。だから夏の時期は簡単にオーバーヒートして熱中症を発症してしまいます。熱中症は深刻な問題なだけでなく、時には命取りになることもあります。狭く暑いスペースに取り残されたり、暑い日に運動をするなどが、熱中症になるよくある2大原因です。それでは気をつけるべき熱中症のサインの見つけ方や、防ぎ方をご紹介しましょう。

 

熱中症のサイン

  • 激しく喘ぐ
  • 動揺または苦しんでいる
  • いつもよりよだれを垂らす
  • 口の泡がでている
  • 舌や歯茎がいつもより赤い
  • 興奮しているようにみえる
  • めまいがあるようにみえる
  • 発作が起こる

 

熱中症の防ぎ方

  • 1日の最も暑い時間帯は、日差しからペットを避けましょう。
  • 暑い日には、通常よりもより多くの水を飲む可能性があるため、ペットがいつでも十分な量の水にアクセスできるよう準備しておきましょう。
  • 噴水を使ってみたり、水入れを増やしたり、蛇口を開けたり、食品に水を加えたりして、ペットが水を自然に簡単に取れるようにしてあげましょう。
  • ペットが家の中で、ペットにとって涼しい場所を自分で見つけられて、その場所で休めるようにしてあげましょう。家の中で移動をあまり制限しないようにしてあげてください。
  • 犬を朝と夕方の涼しい時間帯に散歩させましょう。
  • 非常に熱い時は、過度に遊ばせないようにしましょう。
  • 毛の長いペットは、短くしてあげましょう。できれば怪我をしないようにプロのグルーマーにお願いしましょう。
  • ペットを健康的な体重に保つ。太りすぎは、体を冷やしづらくなり、多くの健康上の問題を引き起こす可能性があります。

 

犬種や動物の種類によっては簡単にオーバーヒートしてしまうペットもいますので、気をつけてあげましょう。

  • パグや、ブルドック、シーズー、ペルシャ猫のように顔が平らなペット
  • 毛が厚いペット
  • 年を取っている、または若いペット
  • 肥満のペット
  • 呼吸や肺に問題があるペット

ペットに熱中症のリスクが高まるような基礎疾患がないのを確認しておくことは大切です。ペットの健康にとって非常に重要な獣医による定期検査をおすすめいたします。

もしペットの健康に関してご質問や気にかかることがある場合は、お気軽にわたくしたち 9Lives にご連絡ください。ご希望により日本語での対応も可能です。


<9Lives Veterinary Hospital>
<9Lives 動物病院>

営業時間: 10:00 – 20:00
お問い合わせ &ご予約:  2334 2334
住所: Shop 4-6 G/F, Shun Fai Bldg, 19 Hau Wo Street Kennedy Town, Hong Kong
https://9lives.com.hk/

<9Lives The Cat Hospital>
<9Lives 猫病院>

営業時間 9:00 – 21:00
お問い合わせ &ご予約: 2505 2505
住所: G/F, 37 Aberdeen Street, Central, Hong Kong
https://9lives.com.hk/

 


How to take care your pets in summer?

Pets could get heat stroke at any time, it depends on ventilation, humidity, hydration status, environmental temperature.
However, in summer, it’s easy for pets to overheat and start suffering from heatstroke. Heatstroke is a serious problem for our pets and can even be fatal. Being left or trapped in a small, hot space or over-exercising on a hot day are two of the most common causes of heatstroke. Let’s find out the signs to look out for and how to avoid it !
Signs of Heatstroke
  • Panting heavily
  • Appearing to be upset or distressed
  • Drooling more than usual
  • Foaming at the mouth
  • Red tongue/red gums
  • Look agitated
  • Dizziness
  • Seizures
Some pets are more likely to suffer from overheating that we should pay more attention to.
  • Flat-faced breeds like Pugs, Bulldogs, Shih Tzus, Persian cats
  • Pets with very thick fur
  • Old or very young pets
  • Overweight pets
  • Pets with breathing or lung problems.
** Make sure your pets has no underlying diseases as it will be more at risk of heatstroke. Therefore, routine veterinarian exams are crucial to your pet’s health.
Feel free to contact us (9Lives) if you have concerns about your pet’s health!
Japanese translation is available upon request.

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »