2024/06/25

Casa Lisboaは、セントラル、ウィンダムストリート(Wyndham Street)の眺めの良いロケーションにある本格ポルトガル料理店。創業15年の当店が、2024 年 7月 18 日までの期間限定で、6コースのディナー「Taste of Portugal」を1人あたりHK$388で提供中です。

お肉のほかに海の食材も豊富で、グリルやロースト料理などシンプルな調理法が多いポルトガル料理は、夏の暑い時期にも食がすすむお料理です。今回ご紹介する「Taste of Portugal」は、お料理がとてもぜいたくなだけでなく、最後のデザートが「おかわり無制限!」という、びっくりお得なコースなので、ぜひ期間中に試してみて!

ポルトガル料理の魅力が詰まったディナーコース「Taste of Portugal」の内容は、以下の通りです。Hong Kong LEI編集部記者2名が試食しました。

デザートの箇所に「unlimited」の文字が!

 


スターター

(左上)ビーツと人参のアルガルヴェ風サラダ、(右上)干し鱈のコロッケ、(左下)アサリのブリャオン・パト、(右下)イベリコ豚のプルマ

スターターは、4種がすべて提供されます。

(1)「ビーツと人参のアルガルヴェ風サラダ」

アルガルヴェはポルトガル料理の最南端の地方。人参がメインで作るのが一般的ですが、ここではビーツと一緒に和えて、よりさっぱりと軽いタッチに仕上がっています。

(2)「干し鱈のコロッケ」

ポルトガル料理は干し鱈を多用しますが、なかでも干し鱈のコロッケは定番の一品。それだけにシェフの腕の見せ所でもあるお料理です。Casa Lisboa のコロッケは、外はカリカリ、中はクリーミーで上品な味わいでした。パセリとニンニクのマヨネーズが付いていますが、そのままでもおいしいですよ!

(3)「アサリのブリャオン・パト」

ブリャオン・バトはポルトガル風のワイン蒸しのこと。ニンニク、パクチー、オリーブオイルで蒸し、仕上げにバターとレモンを効かせた、白ワイン(別注)にぴったりのメニューです。スープをCOUVERで提供されたパンに染み込ませていただくとさらに美味!

(4)「イベリコ豚のプルマ」

プルマとは豚のロースのなかでも、特にやわらかくジューシーな赤身肉で、高級部位として知られます。グリルしたプルマに、ローストペッパーマヨネーズ、自家製のトマトソースを添えていただきます。本当に味わいのさわやかな赤身肉で、メインにしてもいいほどの食材。赤ワイン(別注)がグイグイと進みます。

 


WELCOME COUVERT

自家製パテ、オリーブのマリネ、田舎風パン

前菜のほかに、WELCOME COUVERT と称して、パンとオリーブ、パテが提供されました。このCOUVERT はフランス語では「食器」を表しますが、ポルトガルのレストランでは、「お通し」としてタパスや前菜が提供されるのだとか。

 


メイン

干し鱈とイカのカルディラーダ
リスボン風鴨ライス

メインは、4つの選択肢から一人1品を選びます。

「干し鱈とイカのカルディラーダ」

干し鱈の大きな切り身のグリルに、イカとひよこ豆、ジャガイモを煮込んだカルディラーダを添えたもの。カルディラーダとは、魚とジャガイモを煮込んだ、家庭的な素朴さを感じるシチューです。ポルトガルは半円が海に面した国ですから、メイン料理もシーフードを1品いただきたいところ。ということで、このチョイスは大正解でした!

「リスボン風鴨ライス」

鴨に加えて、チョリソー、豚のローストも入った、贅沢な炊き込みごはん。トマトペーストやスパイスが絶妙に効いていて、編集部2人で「これはリスボン風煲仔飯だね」と唸りながらいただきました。

上記のほかの選択肢は以下の2品です。

「子豚のロースト、バイラーダスタイル」

豚のローストは、Casa Lisboa の看板メニューのひとつらしく、お隣りのグループ客はこれの大皿をチョイスしていて、2人で目が釘付けになったのでした。ポルトガルではごはんは野菜の一種ととらえられているそうで、塩やコンソメで味付けされています。

「ポルトガル風ビーフステーキ」

なんと、サーロインステーキに目玉焼きが乗り、ライスとポテトを添えるのが、ポルトガル風なのだとか。あまりにわんぱくなメニューに、「さすが、大航海時代の国」と関係ないコメントを漏らしてしまったのでした。

とにかく、次に出てくる「おかわり無制限デザート」も然り、食いしん坊が大満足しないわけがないメニュー構成です!

(左)「子豚のロースト、バイラーダスタイル」、(右)「ポルトガル風ビーフステーキ」

 


デザート

「フウ、お腹いっぱい…」と思ったころに、デザートの「ポルトガル風ビスケットとチョコレートのケーキ」がやってきます。コーヒーとミルクに浸したビスケットとチョコレートを何層にも重ねた、ポルトガルの定番デザートです。

記事の最初にご紹介した通り、こちらのビスケットケーキは、おかわり無制限なのです! ここまでくると「食べたい!」「もう無理!」を繰り返す、煩悩との闘いです。

このほかに、コースをオーダーした方には、サングリア、ハウスワイン(赤・白)が、割引価格で提供されます。

 


いかがでしたでしょうか。ポルトガル料理は、マカオ料理の源泉。その本流を知るのにぴったりの大満足コースです。ぜひお試しください。

 

期間限定コースディナー「Taste of Portugal」
一人 HK$ 388+サービス料10%(予約は2名から)
提供期間:2024 年7 月 18 日まで、月曜日から木曜日 (祝日を除く)、ディナータイムの午後 6 時から。

Casa Lisboa
住所: 2/F Parekh House, 63 Wyndham Street, Central, Hong Kong
予約専用番号・Eメール:+852 2905 1168 、casalisboa@ad-caterers.co

Casa Lisboa 店内。ポルトガルのタイル「アズレージョ」の青を基調とした、とても気持ちのいいインテリアです!

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

Translate »