2021/09/15

スピード感ある中環の金融センター街に、120年近くも独自のペースで走り続けるトラム。1904年に運行を開始し、1912年にダブルデッカー(二階建て)が導入され、今に至ります。現在は堅尼地城から筲箕湾まで、香港島の西と東を結ぶ6路線が運行。合わせて30kmの距離で、ダブルデッカートラムの路線としては世界最長です。

かつては海岸沿いを通る路線があり、潮風や港の景色を楽しめましたが、1960年代の都市開発で、その風景は見られなくなりました。銅鑼湾の時代広場ができる前、そこはトラムの修理・清掃をする「銅鑼湾トラム停留所」で、周りにはストリートフードや日用品を売る露店がありました。トラムのある風景は映画や音楽、文学などに刺激を与え、それらの作品がよりトラムをロマンあるものにしています。香港のトラムは、一世紀以上もの間、「チンチン」という音とともに走り続け、成長する香港を見てきたシティアイコンでもあるのです。

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »