2019/07/26

10年後の香港の人口を予測、觀塘の人口が最多に 【星島日報】

規計署(Planning Department)は昨日、10年後の香港の人口について最新の予測データを公表しました。

 

2018年時点の香港の人口は745万1千人ですが、2028年には香港の人口が増加して789万5200人となる見込みです。そのうち九龍及び新界の人口はそれぞれ11万人、43万人ほど増加し、九龍が237万人、新界が436万人になる見込みです。それに反し、香港島の人口は約9万人減少し116万人となりそうです。

 

香港内の18エリアの中で觀塘は香港で最も人口が多くなり、2028年の人口は713万400人となり、香港で最も人口が多いエリアとなるでしょう。人口増加のうち9.7割は新界で、その中でも屯門や元朗で増加が目立つだろうと指摘されています。

 

一方で、灣仔では人口が減少し約15万人となり、離島に代わって人口が最も少ないエリアとなりそうです。逆に離島の人口は3.5割ほど増えて23万5千人となる見込みです。

 

また、黃大仙だけで見ると、2028年における65歳以上の割合は人口全体の2.8割を占め、高齢者が最も多いエリアとなるでしょう。

(2019年7月25日)

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »