2020/12/12

年末年始において香港に再入国される方へのお知らせです。

 

在香港日本国総領事館より

入境規制と検疫指定ホテルについて

2020年12月11日、キャリー・ラム行政長官等は記者会見を行い、香港政府の防疫措置等につき説明を行ったところ、そのうち入境を巡る検疫措置と市民へのワクチン供給について、報道によれば以下のとおりです。ワクチン供給の中の外国人の扱い等は不明ですが、情報あり次第お知らせします。

1 入境後の政府指定ホテルでの強制検疫
(1)12月22日(火)から、中国本土、マカオ、台湾以外の地域からの入境者は、事前に政府が指定するホテル(計36施設。リストは以下のリンク参照)を14日間以上予約した上で、入境後に強制検疫を受ける。ただし、12日(土)から21日(月)を過渡期とし、その間に到着しホテルにチェックインした者が政府指定以外のホテルに宿泊している場合は、22日以降のホテルを変更する必要はない。
●指定ホテルリスト(含価格等)
https://www.coronavirus.gov.hk/pdf/designated-hotel-list_tc.pdf

(下記にリストを添付しています。各ホテルのWebページへ行きたい場合は、上のリンクよりどうぞ)

(2)入境後の留意事項は以下のとおり。
●入境者は、政府が手配する交通手段で指定ホテルまで移動。
●強制検疫期間中は外出不可。来客も禁止。
●強制検疫終了後、衛生署の担当職員がホテルまで検査キットを届けるので、受検者は、ホテルのチェックアウト時に検査キットを受領する。その後、入境日から数えて19日目に再度自宅で検体を採取し、案内に従って検体サンプルを指定場所に提出。

2 入境時のPCR検査方式の変更
12月15日(火)から、入境者に対し実施するPCR検査の実施方式を、現行の唾液提出方式(自分で採取)から鼻咽頭ぬぐい液式(専門員による採取)に変更する。

 

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »