2020/06/17

いつからマンゴーは香港スイーツの代表的な材料になったのでしょうか? わたしの記憶では、わたしが小さいころからもう母はマンゴープリンを作ってくれていました。それは1980年始めのころ。

 

香港人はどのぐらいマンゴーが好きなのでしょうか?フィリピン、パキスタン、インド、タイ、台湾、オーストラリア、日本、メキシコ、等々、さまざまなマンゴーの生産地から香港に入ってきます。だから年中マンゴーが食べられる地域といえば、香港しかないでしょう。農作物の出荷量が少ない香港は輸入品に頼っていて、そのため香港人の胃袋は世界中の農産物に偏見がなく、素直に、面白がって受け入れているようです。

 

植民地だったからこそ、特にイギリスの食文化に馴染みが深く、中華だけではなく、西洋の乳製品にも、東南アジアのスパイスにも抵抗がなく様々の国の食文化を取り入れて、香港独自のアレンジをして新しい食文化として生まれたものもあります。

 

マンゴープリンはその中でも代表作の一つと言っても過言ではないはず。無糖練乳を使って、独特な香港コッテリ系の味と、マンゴーの酸味で爽やかさをプラスし、香港らしい味として親しまれています。

 

簡単なハンドメイドの香港マンゴープリンを作る場合は一般的に「羅拔臣啫喱粉」(ロ・バ・サン・ジェ・レイ・ファン)Robertsons ゼリーパウダーを使うという人も多いのです。人工的な色素やフレーバーが混ぜ込んであるので、より黄色く見えて、値段も安く「Made in Hong Kong」というところで、お土産にも悪くないのですが(笑)、わたしは無添加派なので、フレッシュなマンゴーを使い、いちから作っています。それでも本当に簡単に作れるのでぜひトライしてみてくださいね。

今回のレシピで使ってるマンゴーはタイのマハチャノックマンゴー。

母が作ってくれたマンゴープリンの味を記憶を辿って再現してみました。私にとってはこれが私が知ってる香港味です。

Tips ⇒ マンゴーは酵素が多いため生のままではゼラチンで固まりにくいので、加熱して酵素を不活性化してから使うと良いですよ。

 

「芒果布甸」 (モン・ゴ・ボ・ディン) (香港式 マンゴープリン)

      • 材料(4人分)

マンゴー      1個

上白糖/甜菜糖    果肉の40%

レモンジュース   大さじ2

<マンゴープリン>

水         25g

粉ゼラチン     5g

マンゴーソース   200g

無糖練乳      50g

生クリーム     50g

牛乳        130g

トッピング

マンゴー      1個

 

マンゴソースの作り方:

1.マンゴーの皮を剥き、果肉をとって、果肉の40%の重さの砂糖を加え、フードプロセッサで混ぜる。そしてレモンジュースを加える。

マンゴープリンの作り方:

1.小さい容器に水を入れ、粉ゼラチンを加え増やす。

2.鍋に準備したマンゴーソース、1、無糖練乳、生クリーム、牛乳を入れ、中火にしてゼラチンが溶けたら荒熱を取ったら容器に入れ冷蔵庫へ。

3.固まったらトッピング用のマンゴーを角切りにしてトッピングする。

*香港の食べ方はたっぷり無糖練乳をかけて食べる。


人在東京 Prime Kitchen Labo

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »