2022/07/15


手工菠蘿冰
(サウ ゴン ボ ロ ベィン)
【クラフトアイスパイナップルソーダ】

 

2022年6月25日から7月3日まで、東京は6月として観測史上最も高い気温36.2°Cを記録した。都内なら灼熱地獄と言ってもおかしくない。ビルの反射熱、エアコンの室外機から排出された熱風、蓄熱するアスファルトやコンクリートの熱などなど、街中の熱は籠ったまま。炎天下での体感温度は気温より5度高いと言われ、昼に出かけようものなら生命が脅かされるほどの灼熱環境を覚悟しなければならなかった。
香港の漢方医より、夏に冷たいものを飲みすぎると胃腸力が低下する原因だと言われ、夏でも極力冷たいものを飲まないように勧められた。だが、このような猛烈炎天下の夏、漢方医のアドバイスを聞かずアイスドリンクに手を出した。
都内のスーパーで台湾パイナップルをよく見かけるので、香港ローカル喫茶店「茶餐廳」(チャ チャン テン)で愛されているひんやりドリンク『菠蘿冰』(ボ ロ ベィン:アイス パイナップル ソーダ)を作った。一般的な「茶餐廳」のレシピは、単に缶詰パイナップルをクラッシュしてからサイダーと氷を加えるだけ。今回はちょっと拘った製法で究極的なアイスパイナップルソーダにした。

Tip: パイナップルシロップを凍らせるため、出来れば小さい目の製氷皿を使ったほうが溶けが早く、飲み物はひんやりなりやすい。もともと香港ではかき氷を入れるものですが、今回は楽で小さい目の製氷皿を使った。

<材料>

■パイナップルシロップ

完熟フレッシュパイナップル…….400g

国産無農薬レモン………………………….1個

きび砂糖…………………………………….250g

氷砂糖………………………………………..100g

 

■冷凍砂糖漬パイナップル

パイナップルシロップに残されたパイナップル……………………………全量

水………………………………………..適量

 

■パイナップルジュース氷

パイナップルシロップ………….3大さじ

水………………………………………….200cc
強炭酸水……………………………………100cc

ローズマリー……………………………..一本

<下準備>

■ パイナップルシロップ

1.梅酒等を作るための1リットルの容器を消毒しておく。

2.パイナップルを2-3cm角切りにする。レモンを洗ってスライスして、種を取る。

3.きび砂糖を50gほど容器に入れ、次にパイナップル、レモンを交互に入れ、最後に氷砂糖を全部加える。

4.蓋をして、冷蔵庫に2-3日置き、砂糖が完全に溶けるまで待つ。

5.抽出したシロップを別の消毒した容器に濾しながら注ぐ。冷蔵庫で2週間保存出来る。

 

■冷凍砂糖漬パインナップル

上記パイナップルシロップで使い終わった、残されたパイナップルを普通の製氷皿に平に置き、上にこぼれない程度の水を足し、冷凍庫で凍らせる。

 

■パイナップルジュース氷

3大さじのパイナップルシロップを200ccの水に溶かし、小さい目の製氷皿に注ぎ、冷凍庫で凍らせる。

 

<作り方>

1.底が広めの450cc容量があるガラスに冷凍砂糖漬けパイナップル100gを加え、モヒートペストルを使ってパイナップルを砕いてから、100gパイナップルジュース氷を入れ、2-4大さじ(好みの量)パイナップルシロップ、最後に強炭酸水を注ぐ。飾りのローズマリーをさす。

 


雲姐(ワンジェ)

料理研究家。香港に生まれる。幼少期、平日は祖母、週末は料理が趣味だった父の手料理を食べて過ごす。オーストラリアへ移住を経て、結婚を機に日本へ移り20年以上。中国国際薬膳師、発酵食品ソムリエ、発酵ライフアドバイザーの資格を持ち、中華圏および日本の食文化への造詣も深い。現在は、日本の人々に香港料理を伝えるべく東京で活動中。

Instagram
@hongkongrecipe

note「レシピ保護区」
https://note.com/recipesanctuary

人在東京 Prime Kitchen Labo

 

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。