2019/11/13

 

香港のスープには、短時間で仕上げる「滾湯(グワァントン)」と、長時間煮込む「老火湯(ロウフォートン)」があります。

 

・「滾湯」:青菜など火が通りやすい食材をさっと煮て仕上げます。ビタミンの流失が少なく、食物繊維もしっかり摂れるスープ。
・「老火湯」:長い時間をかけてコトコト煮ることで、肉のアミノ酸や野菜のグルタミン酸などが溶け込みます。うま味たっぷり!

 

 

今回作るのは、梨と豚肉を使った老火湯、「南北杏雪梨瘦肉湯(梨の薬膳スープ)」。煮込み時間は合計で2時間ほどです。

さあ、材料を揃えたら、じっくりゆっくり、煮込みましょう……。

 

<材料(2〜3人分)>
梨(皮ごと使えるもの)         1個
豚もも肉                400g
甜杏仁                 30g
北杏仁                 10g
陳皮                  2g
水                   2000cc
塩                   少々

 

 

<作り方>
(下ごしらえ)
・乾燥した陳皮を水で戻す。柔らかくなったら水気を拭き、裏の白いわたを取り除く。
・梨を4等分し、芯の部分を取り除く。
・甜杏仁・北杏仁を軽く洗う。
・豚肉を大きい固まりに切り分け、お湯で一度茹でこぼす。

 

1. 下ごしらえした材料をすべて土鍋に入れて、火にかける。

 

2. 沸騰したら強火のまま20分煮る。

 

3. 弱火〜中火程度に火を調節し、さらに1時間半煮る。

 

4. 塩で味を整える。

 

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »