2021/12/03

感染(第4波)の急激な状況悪化を受け、飲食店の営業が夜10時まで、集団制限が4名から2名に変更された昨年(12月2日~)とは打って変わり、今年の香港の街並みは和やかで明るい雰囲気に包まれています。

你呢排點啊?もうすぐクリスマス。彼方此方にツリーが飾られ、華やかなデコレーションやイルミネーションに心躍る季節がやって来ました貴方大切な人々へのプレゼント、を贈るかもう決まりましたか?

突然ですがHK$40,000。クリスマスより一足お先に、わたしは香港に来て一生モノ高価な買物をしてしいました。それプレゼントいくつ分? 大きなことを成し遂げた自分へのご褒美? キラキラ光る何かご紹介しところでが、正解はこれ、奥歯のインプラントお値段なんです今日経済指標でも時事ネタでもなく極めてパーソナルな数字で恐縮ですわたしの年越しのドタバタ劇、歯の治療まつわるお話お付き合いいただければと思います

いつも身に着けてるものの中で一番高いわたしの良き相棒(?)。清水の舞台から飛び降りる覚悟で大枚をはたきました。

2020年月―

香港に来てちょうど年。あれはコロナ第3波が香港を本格的に襲うことになる少しの出来事でした香港移住を見据え、くなっているところ治療してから渡航しようと、日本で過ごした最後の半年歯医者さん足繫くいつめたはずのに、ある朝、処置歯の根元の歯茎が肉眼で分かるほど腫れてので神経抜いてるのにってどういうこと? しかも鏡でよく見たら、反対側の奥歯黒い斑点できているじゃないコロナが収まっている今のうちに処置てもらわねばと、わたしは説明が丁寧で納得いく治療が受けられる友人2人聞いてリサーチ済みだった近隣の歯科医院のドアをノックしのです

歯全体のレントゲン写真をじっくり眺めた先生緊張の面持ちの診察台のわたしをリラックスさせるかのようにポンポン肩を叩いてチャーミングな笑顔ながらでも非情宣告を下しました。「こっちの初期虫歯の治療後回しにしましょう。処置は数ヶ月先でオッケー。だけど歯茎腫れて至急案件ぐらついてる歯と歯茎の間から細菌が入って骨に達し炎症起こして処置やり直し神経専門にやってるわたしの師匠を紹介するから予約してもらえる? 今日のレントゲン写真彼にシェアしとくそれから、心の準備のために前もって伝えておくけれど、治療代、最低HK$17,000と思う」 い、いちまんななせんドル? 緊張は激しい衝撃と落胆へと変わり、とりあえず今日のところはと、診察費HK$400とレントゲンHK$600だけ支払って歯茎の炎症を抑える抗生物質の入った袋を片手にわたしはガックリ家路いたのでした

加入している保険でいくらかは戻って来たけれど、インプラントの治療に辿り着くまでの2ヵ月間だけで歯の治療にかなりの金額を費やしました。

2020年8月―

あれから紹介してもらった先生の師匠の先生のところで診てもらったけれど歯茎が処置歯を異物とみなし攻撃してる状態になっている今回、歯茎を切開し直しても、数年後にはまた同じ状況が起きるだろうし、都度お金をかけて処置するより、この歯はもう抜き去ってインプラントにすべきと思う自分の歯残したいだろうし、この歳で? って思うかもしれないど、土台になる骨がしっかりしてる今、決断良かったって将来振り返ったときに思うと思うし、自分ならそうする言われ悩みました。治療費HK$17,000から1本HK$40,000のインプラントへの方針変更HK$40,000あったら買える?いや、この数字見たことあるわ。4人家族想定バスルームベッドルーム世界一高いと言われる香港の家賃月額相当じゃない。

何度も日本円換算ため息をつき、寝ても覚めてもそのことばかり考えてしまう日々。誰かに背中を押して欲しくってわたしは期虫歯の治療がてら、もう一度先生のところに向かうことにしました先生によれば、費用を安く済せるため治療代の安いタイってインプラントされる方々もいらっしゃるのだそうです。しかしこのコロナ禍。旅行を兼ねてタイに行くことも、日本に一時帰国することも現実的ではなくて、一つ一つ選択肢を潰ていきようやくここ香港でインプラントする腹をりました

インプラント専門の歯科医院の待合室には、品の良さそうな老夫婦から最新モノのブランドバッグを無造作にソファに投げ出している若い女性まで、様々な年齢層の(見るからに裕福そうな)人々が自分の順番が来るのを待っていました。

W先生に紹介してもらったインプラントの権威先生は、先生の言葉を借りれば歯科医師の資格に加えて医師の資格保有する香港に人しかいない変人きっと最上級の誉め言葉なんだと思う!なんだそうです。心細く当日、診察室まで付いて来てもらった夫に「大丈夫。部屋の中に、先生、香港大学で10年教鞭とってくれて有難うって感謝状みたいなのかかってから腕は確かだと思う」と耳元励まされました。インプラント前工程となる抜歯使用する麻酔についての細かなレクチャーがあり、同意書にサインさせられた上、24時間通話可能だという帰宅後の緊急連絡先まで渡され臨んだ抜歯だったのでドキドキしましたが、先生の鮮やかな神業あっさり終了麻酔の注射の方が痛かったほどした。歯と一緒に悪くなった歯茎の部分根こそぎ除去され長年連れ添った歯と別れ一抹の寂しさを感じながらも、わたしはなんだか爽快な気分になりました

記念に(?)持たせてもらったは、歯根部分に亀裂が入り横か大きな穴が開いていました。一旦はインプラントの値段にみはしたけれど結論先延ばしにしなくて良かったこの歯の役目は終わったという先生の見立て的確だったとホッと一息あまりにグロテスクなので画像は自粛)。これから3ヵ月、抜歯した歯の下の部分の骨が再生するのを待ってから歯を差し込むためのボルトを骨に埋め込む工程へと進むことになりました。

診断を受ける前、処置に移る前。事前に逐一、金額を提示される香港の私立病院のシステムにもだいぶ慣れてきました。口頭で支払いが可能か確認されることが多いのですが、抜歯は高額な処置となるため、このときばかりは詳細なパンフレットと共にしっかり紙ベースの見積書が出てきました。

2020年11月―

一週間前の診察で骨の再生は順調というお墨付きをもらって迎えたボルト埋込当日握っててほしいでしょ?今回も付き添ってくれた夫は、待合室で待ようにと看護師さんに厳しく制止されあなたはこれに着替えて。髪はまとめてヘアキャップの上からこれ被せてね」わたしは手術着一式とシューズ用のキャップ渡されましたえ? 今日ってこういう日なんだっけ? すんなり終わった3ヵ月前の抜歯異なる本格的な展開に戸惑いながら着替えが終わり手招きされた部屋に入ってまたビックリそこには医療モノのドラマのお馴染みのワンシーンように、ビニール手袋手を上に向けた助手の方々何人も待ち構えていたのです。手術台に横になシートをかけられわたしの手に手際よく計器まれていき、心拍と血圧のモニターがセットされると満を持してここで先生登場。同じ光景見るの子どもたち出産するとき以来だよさぁ、どうなるわたし! お話は次回へと続きます。

Emi in HK。多謝收睇。下次見!

 


Emi
経済団体にて、経済産業省・法務省との折衝から中小企業の事業転換・倒産回避の相談現場まで、多岐にわたる業務に従事。2019年6月、15年間の東京・丸の内オフィス生活に別れを告げ、夫の仕事の都合により香港へ移住。錆びついた英語と、初学者レベルの広東語・中国語を日々勉強中。気分転換は映画・ドラマ鑑賞、25年振りに再開したピアノ、甘い物。小学校、幼稚園、やんちゃ男児2人の母。

Twitter @emi_m_wang
E-mail  emiinhkg@gmail.com

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。