2022/01/15


~わたしたちのカラダは食べたものでできています~

本物の食材を求めて。日本の伝統調味料をお伝えするコラム。~甘味について~

秋から冬にかけては乾燥の季節。風邪対策には保湿することはとっても大切です。
砂糖には保湿効果があります。喉が痛い時にはのど飴をなめたり、トルコやモロッコなどの暑く乾燥した地域で、たっぷり砂糖をいれた甘いミントティーをのんだりするのも、身体に潤いが必要だからです。

保湿効果があるために、砂糖は摂りすぎると逆にむくみになったりして、身体に負担もかかります。だからこそ、砂糖は効能を知って自分の体調にあわせたり、調理に使うなどしていきましょう。

■中医学・薬膳でみる甘味について

中医学・薬膳では、白砂糖、黒糖、氷砂糖など、いくつかの分類に分けられ、寒熱に大きな違いがあり、効能も異なります。主な砂糖の働きとしては、体内に余分な水分をため込む、【潤】の働きがあります。

わたしたちが日常食べている白砂糖は、特に潤う働きがあり、身体も冷やします。むくみやすい人は砂糖のとりすぎは注意が必要です。

秋から冬にかけてなど、身体の乾燥、特に肺が乾燥、空咳がある時などは、氷砂糖を一口とると喉が潤いやすいです。香港でも糖水などの甘味には氷砂糖をよく使いますね。わたしも空気が乾燥しているときは、氷砂糖を常備しています。

同じ甘みでも、黒糖は体を温めて、【散】の働きから、寒気を追い払うとされています。産後の回復や、血行をよくしてお腹を温めるとされ、冷えからくる月経痛や月経不順、体力がなく、消化吸収力が落ちている時、鬱気分の時にもつかわれます。

また、甘みは、筋肉や心の緊張を緩める働きがあると考えています(※穀物類やかぼちゃ、さつまいもなどの自然の甘みがあるものを指しています)。緊張しているときに、甘味を食べたくなるのはこの働きからなのです。
緊張をほぐしたい時など、冷やさない甘味として黒糖を利用したり、身体にあわせて選んでみましょう。

■薬膳からみる甘味の分類と働き


参考文献:実用中医薬膳学 辰巳洋・現代の食卓に活かす食物性味表・東方栄養新書
※文献により解釈は変わります

昔、砂糖は薬として扱われていました。薬膳の視点でみると、それがよくわかりますね。
砂糖のとりすぎは前回のコラムで書いたように、体への負担も大きくおすすめしていませんが、働きや効能を考えて、上手に利用できたらいいですね。

食べ物をおいしいなどの味覚(脳)の欲求だけに惑わされずに、考え選ぶ視点をもつことが大切です。
自分の体の声を聴くことができるようになることが、健康への近道です。

—————————————————————————————————
~毎日のごはんで身体を調える~ 自然食療法家・国際薬膳師・マクロビオティック講師KYOKO
毎日のごはんが、明日の自分をつくる。薬膳マクロビオティック教室では「料理+考える力」を大切にしています。多角的視点で、体調・体質・季節にあわせた食材の選び方や調理法を学びます。生徒さんの様々な体調の質問を皆で読み解き、身体の声が聞こえるようになることが目標です。※現在は香港教室は休校。大阪にて、薬膳マクロビオティック料理教室を開催中。

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »