2017/09/14

~ 苦手なことをやめてみる ~

どんな人でも「長所半分、短所半分」 そうおっしゃるのは、感性論哲学の芳村思風先生です。
そして、短所はなくさなくていい。短所があるからこそ、他の人の力を借りて、人の力を活かすことができるのだとおっしゃいます。「活人力」があるからこそ、みんなそれぞれに、自分の場所で輝けるのですよね。

あなたの苦手なことはなんですか?少し時間をとって考えてみてください。苦手だけど、「やらないといけない」と思ってやっていることもあるでしょう。それを、思い切ってやめてみたら、どうなるでしょうか。それを手放し、他の人に頼む、まかせることで、あなたはやるべきことに集中でき、効率が上がり、人生の新しい扉が開くきっかけになるかもしれません。「できない自分を認めて、許す」それだけで、重い肩の荷が下りるかもしれません。

わたしの周りで、「結婚したくない」という女性の中には、「料理が苦手」「家事をしたくない」と思っている人が何人かいます。確かに、結婚して毎日家事をする負担を考えると億劫になる…という人もいるかもしれません。でも、それが理由で結婚を遠ざけてしまうのは、もったいないと思うのです。世の中には、「食事は作りたくない」と結婚前から相手に伝えたうえで結婚した女性もいますし、そもそも、冷蔵庫にはいつも飲み物しか入っていない(!)という女性もいます。まずは、自分のことをよく理解することが大切。世間の常識や「こうあるべき」にとらわれたり、人と比べると苦しくなってしまいます。日本人女性は、「家のことはすべてやらなきゃ」と思っている人も多いと思うのですが、やらないと決めてもいいのです。人やテクノロジーにまかせる、誰かに頼むという選択で、みんなが幸せになる道もあるのです。「無理をしない」 短所を認めるのは勇気のいることです。「短所はなくさなくてもいい。長所を伸ばせばいい」と自分に許可を出してみてください。何よりも、自分の短所を気にして、心が求めている幸せをあきらめないでください。完璧な人などいないのですから。自分の長所、輝きを信じて進んでいきましょう。

※ このコラムへのご感想をお寄せください。info@hongkonglei.com

author-ph_0001_sali-san生田サリー


フリーアナウンサー、日本/アメリカで、司会、リポーター、ナレーターとして数多くの番組に出演。現在は、人生・夢・女性としての生き方についての講演など、幅広く活躍中。
http://www.saliikuta.com


Backnumber
Happy Women’s Talk vol.18
Happy Women’s Talk vol.19
Happy Women’s Talk vol.20
Happy Women’s Talk vol.21
Happy Women’s Talk vol.22

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »