2022/04/16

你好(ネイホウ)! みなさま、コロナ禍いかがお過ごしでしょうか。さまざまな活動に制限がかかるこの生活が一体いつまで続くのか、先が見えずクサクサしている方も多いのではないでしょうか。わたしも毎日朝から晩まで絶え間なく続く子どもたちの騒がしい声と、足の踏み場もないほどにプリント類やら文房具が散らかった家に我慢の限界がやってきました。そして先日ついに一人外に飛び出したのですが、大手を広げ空を仰ぎながら、胸いっぱいに息を吸い込むと、なんと大気汚染度高めの香港の空気がいつもより美味しく感じられました。

まずは湾仔に向かい、お一人様ラーメンを堪能。その後、プラプラ歩いているとシルバーアクセサリーのお店を発見しました。家にいてばかりだけど、たまにはオシャレでもしようかな、と思いお店に入ると、シンプルなシルバーのフープピアスが目に止まりました。あら、素敵じゃない? 気になるお値段の方を確かめようと思い商品を手に取ってみると……お値段より商品名の方がめっちゃ気になるではないですか!

『耳環』
耳環!!『イヤー』の『リング』だからなのでしょうけど、でも『耳環』じゃ、なんだか古墳時代からの出土品みたいじゃないですか! 埴輪と一緒に埋まってました、みたいな。ちょっと現代風のオシャレなアクセサリーをイメージしづらいなぁ、と思うのはわたしだけではないはずです。今回のわたしのお買い物は3000円ちょっとの銀の環だからいいですけど、高級ブランドのダイヤのピアスも『耳環』と表示されちゃうなんて! そしてわたしの誕生石ルビーをあしらったものならルビーの耳環になっちゃうわけですね……。そんなことを考えながらその耳環のお会計をしていると、さっき汁まで飲み干したラーメンのせいで喉が乾いてきました。

缶コーヒーでも買おうかなと思ったところで、ちょうどお店のくもり硝子の向うに『便利店』があるのが目に入りました。皆様「便利店って?」と思われました? コンビニエントなストア、略して『コンビニ』のことを、ここ香港では『便利店』と言うんですよ! 『コンビニ』と言う文字からは、近代的な白い蛍光灯が眩しいお店を思い浮かべますが、『便利店』と言う文字からは、近所のお婆ちゃんが手作り惣菜や、うっすら埃の被った日用雑貨などを並べている『うめや』的なお店を想像してしまいますね!
さて香港中至る所にある便利店、セブンイレブンで缶コーヒーを買って飲み、いい気分になったわたしは、今度はおもちゃ屋に向かうことにしました。コロナのせいで公園の遊具もテープでぐるぐる巻きにされ使用禁止となった今、有り余る子どもたちのエネルギーを発散させるには、空いているスペースでボールを蹴らせることくらいしかないので、サッカーボールを買おうと思ったので。あと、そうだ、家の中でクッションとか枕とか投げて遊んでいて本当にやめてほしいから、代わりにお手玉を買っておこう。
お店を覗くとありました、ありました。まずはサッカーボール。香港は英国領でしたから、サッカーとは言わずに英国式にフットボールと言いましょうか。フット(足)ボール(球)。『足球』って表示してありました……。そのまんま! で、お手玉も見つけたのですが、なんて言うと思いますか? 手球? いえいえ、それではハンドボールになってしまいます。お手玉の正体をよく考えてみてください。正解はこちらです。

『豆袋』
お手玉のことを英語でビーンバッグと言いますから、やはりこれもそのままですね! 袋とはバッグのことです。日本でも香港でもスーパーでよくレジのおばさんに『袋いる?』って聞かれます。そうわたしにとっての『袋』はなんとなくスーパーのレジ袋だったり、庶民的な香りのするものなのですが、ここ香港では、バッグ類は全て『袋』です。先日、オシャレなVOGUE誌香港版をペラペラめくっていたらディオールの何十万円もするショルダーバッグがなんと『斜肩袋』って表示してありビックリたまげたところでした。『斜肩袋』って言われたら……ボトムスは『もんぺ』、足元は『藁草履』なレトロコーデで攻めるしかない気がします。

はてさて、久々に外の空気を吸って歩き回ったりしたもので、ラーメン食べたばかりの割には小腹が空いてきました。するとどこからともなく香ばしい匂いがしてくるではありませんか。そんなわたしの目の前に現れたのが、こちら!

『熱狗』(狗=犬)
熱い犬……? ここは香港ですからね。蛇だの鴨の血だのみなさん食べますからね。やっぱり犬とかも街なかで堂々と焼いて食べちゃうのでしょうか? 中国映画『少林寺』(1982)でもジェット・リー演じる主人公が、犬をお墓に入れようとして、でももったいないからと思い直して焼いて食べちゃうコミカルなシーンがあったな……なんて考えながら、看板をよくよく見てみると英語でも何か書いてあります。『熱い』『犬』で『ホット』『ドッグ』って。……あ! ホットドッグか! ソーセージが入っている長いパンね! 熱々に焼けた犬肉じゃなくて! ちなみに、アジア一帯には犬食の文化がありますが、ここ香港は「犬を食べるなんてとんでもない!」という英国人達による影響で犬肉の流通は禁止されていますので、みなさま『熱狗』は安心してお召し上がりください。

いかがでしたでしょうか。今回は街で見つけた『そのまんま!』な表現を集めてみました。だいぶ暑くなってきましたし、皆様も是非、耳環をつけて、斜肩袋を持って外出し、愉快で楽しい香港を見つけてみてくださいね! いいお天気が続き、コロナ関連の規制も緩和していくことを願って! もしすごく気になる、抱腹絶倒した、などという表現がありましたら、ぜひぜひ、わたしにも教えてください!

では、また次回!


小林杏 (Anne Kobayashi)


東京都出身、青山学院大学仏文科卒。ニュージーランド、日本、フランス、英国での就業経験あり。ロンドンでの出産子育てを経て、2020年に来港。今まで住んできた土地のように、香港も愛おしい場所となりつつある今日この頃。趣味は読書、舞台芸術鑑賞とカンフー映画鑑賞。

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。