2022/03/08

こんばんは。キリです。

コロナ対策に疲れたら、気分転換しましょうか。

今日は香港の有名な和風町、加太賀という町を歩いてみます。

加太賀は40代の香港人にとって、欠かせない存在であったようです。

1990年代は現在と違って、日本料理は珍しくて高かったそうです。日本料理を食べてみたい香港の若者たちは、尖沙咀の「嵯峨野」やブルース・リーが通っていた「大阪」(すでに閉店)等ではなく、加太賀に行くのが多かったです。

手頃な値段でお腹がいっぱいになり、若者たちの人気店でした。

加太賀は料理で香港人に日本の体験を与えるだけでなく、環境まで和風を極めました。売り上げ額が高まるに従い、店の数も増えました。それから、支店がどんどん増え、今の加太賀街になっていきました。

わたしは加太賀で日本料理を食べたことがないですが、わざわざ写真を撮りに行ったことはありました。入口のすぐ隣にある日本酒が目立ちます。

浅草の観光地のように、人力車が置いてあります。

冬なのに、プラチックの桜の木が満開です。

微妙な日本語が書いてあるからこそ、面白いです。

外国人から見れば、相撲や鎧等は日本の代表的な物に違いありません。

加太賀は香港の日本料理史にも名前が残ります。皆さんご存知の通り、香港の人はサーモンの寿司が好きだと言われています。加太賀は香港人向けのサーモン寿司を変化させ、「花の恋」と言うロマンチックな料理を作りました。

作り方は簡単です。サーモンのネタを立たせて、マヨネーズを入れてからバラの花びらのように巻いたら完成です。真ん中にいくらやとびこをたくさん撒いたら、もっときれいになります。

驚いたことに、「花の恋」は香港の恋人の間で流行ったうえに、イギリスやアメリカに輸出されました。香港と日本のコラボメニューとなったのです。

加太賀に行ってみると、不思議な感覚に陥ります。

浅草とか深川とか思い出されると同時に、どこか違和感も感じてしまいます。その違和感を実感するたび、昔の香港人が考える日本のイメージがわかるようです。


キリ
日本語教師で旅行作家。特に日本が大好きで年に10回以上は訪れる。著書に『Kiri的東瀛文化觀察手帳』(2017)、『日本一人旅』(2019)がある。香港の誠品商務三聯などの書店で購入可能。
ブログ Kiri-San.com
Facebook Page m.facebook.com/kirisan.page/
Instagram www.instagram.com/kirita/

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。