2022/05/15

夏になると、竹で組まれた劇場(戯棚)の外やグラウンドには、たいてい大きな花牌(花看板)が立ちます。文字をカラフルな花が囲み、照明も設置され、街を彩ります。花牌は香港の伝統工芸品で、すべて手作業で作られています。竹を支柱にして、その上に旗や照明を付け、ボードフレームに装飾を施します。2㎡ほどの小さなものから、10㎡にもなるべきなものまでさまざまです。製作期間は1カ月程度。

花牌は20世紀半ばに香港でもっとも流行し、主に盂蘭盆会、天后誕などの宗教行事、太平清醮など地域の祭事・祝典、結婚式の告知、開店、葬儀にも使用されました。いまでは、労働条件の厳しさから職人が減っているといいます。無形文化遺産である貴重な職人技を大切にしながら、後世に伝えていきたいですね。

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。