2020/11/19

 

皆様、今年もあともう少しで終わりますね。
マスクをする日々がまだ続いているので、最終回の今回も目を中心としたメイクのお話をしたいと思います。

メイクをするとき目に時間をかける方は多いと思います。時間がなくても、マスカラをしただけで目が濃く長くパッチリしますよね。なんと、76%もの男性が女性の顔の中で気になるパーツは「目」と答えています。第一印象は大切ですよね!そう同感する方だけこのまま続きを読んでください (笑)。

 

実はちょっと前まではマスカラはあまり使用されていませんでした。マスカラが日本に入って来たのは昭和初期ですが流行り出したのは90年代です。ちょうどそのころはギャルの目力ブームでした。私も当時はマスカラを3本程使い分けていたのを覚えています (笑)。

 

マスカラのブラシにはたくさん種類があります。一言でブラシと言っても、真っ直ぐなブラシや、カールがかかったブラシ、細身のブラシや中央が凹んだブラシ、色々あって迷いますよね。基本的に太いブラシはボリュームが出やすく、細いブラシはナチュラルに仕上がります。

 

マスカラでお悩みの質問をよく受けます。

まず、まつ毛が短くてマスカラが付けにくいと言う方はブラシは細めを選びましょう。細かいところまで塗りやすく短いまつ毛もキャッチできます。

ブラシが真っ直ぐなタイプは目頭や目尻といった細かい部分が塗りにくいのでややカーブしているブラシがおすすめです。

カールがすぐに落ちてしまうと言う方。こう言う場合は液が重く、それに耐えられなく落ちてしまうことがあります。なので、あまりドバッとつくマスカラは避けた方が良いでしょう。

あと、よくある質問が、マスカラをすると、時間が経つことによって目の下に落ちると言うこと。目の周りは脂分が多いので、目の下は必ずしっかりとパウダーをして抑えましょう。

 

連載は今回が最終回となります!
皆様が理想の顔にメイクで近づけますように、私は応援しています。
今までありがとうございました。

 

 


megumi sekine

香港を拠点に世界で活躍する人気メイクアップアーティスト。雑誌、コマーシャル以外に、セレブ、トップモデルも多く手掛ける。2018年、2019年は香港バレエ団の広告においてキーメイクアップアーティストとして抜擢される。主なクライアントはVogue, Tatler , Hong Kong Land, Cathay Pacificなど。
HP: www.megumisekine.com
Instagram: megumismakeup

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »