2021/09/27

こんにちは。李家の休日も第5回となりました。今回紹介するのは世界ジオパーク、香港地質公園の萬宜水庫東壩(the East Dam of the High Island Reservoir)から浪茄湾へのハイキングです。ハイキング自体は軽めなので小さいお子さんやあまり歩きたくない人にもおすすめのコースです。

世界ジオパークは西貢のカントリーパーク内にあります。北潭涌の駐車場に車を停めてタクシーで萬宜水庫東壩まで行こうとしたら、なんと7時半で駐車場は満車。タクシー運転手に聞いたら、ハイキングブームのせいか、6時半には満車だとか。車で行く方は、西貢の中心部の駐車場に停めた方が良いかもしれません。中心部も混みあうので、いずれにしても早め出発がおすすめです。
萬宜水庫東壩までのタクシーはくねくねと曲がった山道をかなりのスピードで走っていくので、酔いやすい方は酔い止めを飲んで行かれた方がいいです。途中牛の群れにも遭遇しました。萬宜水庫東壩には比較的使いやすいトイレもあるので便利です。

まずは地層やダムを見に萬宜水庫東壩へ。ここでの見どころは六角柱状節理

自然の偉大さを感じるとともにダムと周りの絶景に感動します。ダムの周りは歩きやすいので、小さなお子さんにもおすすめです。

10時をすぎると人がどんどん増えてきました。一周して浪茄湾へ移動します。

浪茄湾へは舗装された階段が続くので歩きやすいです。日を遮るものが全くないので、夏場はかなりつらいと思います。最初は上りですが、途中からはビーチまで下りが続きます。エメラルドグリーンの海とビーチが見えているので、自然と足も軽やかに心も躍ります。ただ、帰りはこれを登らないといけないことが頭をよぎると若干の不安が。

ビーチはさらさらの白い砂。香港で白砂のこんなにきれいなビーチがあるとは。キャンプ場は閉まっていますが、テントを張ってキャンプをしている人もいました。

午前中だったので、まだ人もそれほど多くなく、ビーチでのんびり。癒されます。まだ海で泳げる季節ではなかったので、お昼頃には帰路につきました。

延々と続くのぼりの階段はきつくて、休憩を入れながら登りました。キャンプ用品を担ぎながら登っている人はかなり大変そうでした。

萬宜水庫東壩に戻ってきたときには、今から散策を始める人が乗ってきたタクシーが長蛇の列に。夕方になると今度は帰る人が多くてタクシーが争奪戦になると友人から聞きました。

我が家はこを機にきれいな海を求めてもっと遠くへ行くようになるのですが、浪茄湾は萬宜水庫東壩までタクシーで来られて、歩く距離もさほど長くないのに、きれいな海が気軽に楽しめる場所でした。

 


田上えり

2004年来港。香港の造園家3代目に嫁いで17年目。家族は香港人の夫と娘一人。日本でメーカー勤務、香港にてピアノ講師を経て、2020年3月まで7年間リトミック教室を主宰。現在はK.K.Gardenでプリザーブドフラワー販売、リボンとハーバリウムのレッスン・販売に従事。K.K.Gardenのブログameblo.jp/kkgardenhk

 

同じ筆者によるその他のコラムはこちら
在港17年、中文大学の北京語コースに挑戦!
https://hongkonglei.com/category/column/beijing/

 

 

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »