2022/12/24

こんにちは。今回も李家の休日は番外編ペドロの休日です。実は毎回記事になるのを楽しみにしている夫です。

今回は香港三尖の一つキャッスルピーク(青山)です。香港三尖つまり香港三大尖がっている山は、キャッスルピーク、西貢のシャープピーク、クリアウォーターベイのハイジャンクピークです。西貢のシャープピークは日本人にもよく知られていますね。

キャッスルピークは屯門地区にあり、香港西部最高峰で標高583Mです。屯門駅に近い青山寺から出発するルートが一般的なようですが、夫は逆の靈渡寺からのルートを選びました。青山寺へは軽鉄の青雲駅が最寄りのようですが、屯門からタクシーが便利そうです。
青山寺はブルースリーの映画の撮影地で有名ですね。

青山寺

夫はMTRで天水圍まで行き、タクシーでスタート地点の靈渡寺へ行きました。靈渡寺は清朝に作られたお寺で、香港仏教発祥の地とも言われているようです。
靈渡寺から10の山を越えてキャッスルピーク(青山)を目指します。

道幅2メートルに満たない山の背。落ちたら大けがします。
3番目の山。深圳灣口岸大橋が見えます。国境もはっきりと。

道は砂地なので滑りやすく、ハイキング用のシューズで行くことをおすすめします。日を避ける場所もないので、夏場はおすすめしません。

5番目の山
6番目の山
9番目の山
キャッスルピーク山頂 10番目の山

キャッスルピークまで来たら今度は下り道で青山寺を目指します。靈渡寺から青山寺まで夫の足で7時間でした。途中で無理だと感じたら良田坳で山を下りることができます。

ここで休憩。ここから山を下りることもできます。決めるならここ。

良田坳からはコンクリート舗装された道路で、屯門醫院方面へ下ることができます。青山寺からキャッスルピークを目指し、その良田坳で終了するルートは4時間半ほどかかるようです。

朝早く出かけて行った夫でしたが、終わる頃にはかなり暗くなっていました。気温が25度程度になってからがおすすめのルートですが、日が沈むのも早くなる時期ですので、計画的にお出かけになるのをおすすめします。キャッスルピークへのハイキングは上級者向けですが、キャッスルピークはいいわという人も青山寺や靈渡寺などのお寺を見るだけでもいいですね。

 


田上えり

2004年来港。香港の造園家3代目に嫁いで18年目。家族は香港人の夫と娘一人。日本でメーカー勤務、香港にてピアノ講師を経て、2020年3月まで7年間リトミック教室を主宰。現在はK.K.Gardenでプリザーブドフラワー販売、リボンとハーバリウムのレッスン・販売に従事。K.K.Gardenのブログameblo.jp/kkgardenhk

 

同じ筆者によるその他のコラムはこちら
在港17年、中文大学の北京語コースに挑戦!
https://hongkonglei.com/category/column/beijing/

 

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。