2022/02/04

サイキックミディアムでスピリチュアルコミュニケーターの片岡奈津美さんは、質問者のスピリットガイドたちと深いところで繋がって、質問に答えていきます。これは占いではなく、幼少から目に見えぬ存在と繋がることができた奈津美さんが、皆さんに代わり、それぞれのスピリットガイドたちと繋がり、その時に必要なメッセージを伝えてくれます。このコラムでは、奈津美さんの「質問者のガイドと繋がるリーディング」と、「カードによるガイドたちからのメッセージ」を毎月交互にご紹介していきます。

読者の皆さんにとって、人生の気づきになれば嬉しく思います。


今回の質問

「本帰国のベストタイミングを教えてください」

香港に5年住んでいます。子どもが小学校を卒業するタイミングで本帰国しようと思っていましたが、コロナの影響を考えて、香港の中学に進学しました。できれば同じ中学を卒業し、高校も入学式のタイミングでスタートさせてあげたいです。夫は仕事でまだしばらく香港にいる予定ですし、日本に持ち家などはなく、わたしが本帰国のタイミングや住む場所など決めないといけないので迷っています。

(質問者:既婚、中学生の子どもあり)


奈津美)いま質問をお聞きしていて、「住む場所」とおっしゃった時に「石川県」という言葉がパーンと出てきました。何か思い当たりますか?ご出身とか……。

質問者)いえ、出身県ではありません。実家はもうないですし、心機一転どの県に引っ越してもいいなと思っていますが、その県が思い浮かんだことはないですね。

奈津美)そうですか。では引っ越しに関して、「石川県」出身の方に良いアドバイスをもらえるとか、もしかしたら「石川」さんっていう名前の方とご縁があるのかも知れない(笑)

お子さんの学校のタイミングを一番心配なさっていると感じられます。お子さんは、ひかえめで心の中ではいろんなことを考えていますが、口に出さないし前に出る性格ではないですね。お子さんが次に大きな変化がくるのが15歳の時と出てきました。

質問者)では、本帰国が15歳の時ということなんですね?

奈津美)引っ越しがいつなのかは(ガイドから)教えてもらえないです。ただ、中学が日本だというのはあまり見えてきません。そして、高校は日本の地方都市にある所なんだけど、いろんな地域や国から生徒が集まってきて開けているイメージが見えます。環境は田舎っぽいけど、その学校だけ国際的なイメージ。

質問者)大学まで付いてる学校ですか?

奈津美)そういう感じはしません。お子さんは18歳でまた違う所に行きそう。その場所は3年限定。でも「あの3年があって本当に良かった」と後でお子さんは思う。最初の2年は慣れるまでけっこう大変かも。お母さんもお子さんが苦労している姿を見て「うわーやってしまったかー」と思うかもしれない。でもお子さんが20代半ば頃になって「あの高校で本当に良かった」と思えます。

質問者)帰国子女いじめがあると聞きますが、そういうことで苦労する?

奈津美)いじめとかではなく、環境や生活スタイル、リズムに慣れるのに時間がかかる。車の運転もそうですけど、慣れるまではいろんな所に意識を向けて、気を張って運転しますよね。でも慣れたらおしゃべりしながらでも運転できる。そんな風に、やっと普通に過ごせるようになったなと思えるのが、高校最後の1年くらいです。

質問者)それは長いですね。そういう高校は選びたくないと思ってしまいますが……。

奈津美)お母さんからすると「もうできるようになってもいいんじゃない?」とか「まだそんなこと気にしてるの?」とか言いたくなるかもしれない。けど、お子さんはお母さんとは違ったペースを持っていて、前向きに取り組もうとしているから、口出しせず見守るのが良いです。

この3年間は大事です。そこでの何かがあるから、お子さんは次の選択ができるような気がする。「こんなところ卒業しても進学先ないじゃん」「仕事ないじゃん」と思うかもしれませんが、心配いらないと思います。また18歳になったら新しい場に飛んでいくと思う。

質問者)子どもというよりわたしの問題なんですね(笑)。高校はどうやって決めたらいいですか?

奈津美)高校はここ10年、15年でできた新しい学校というのがポイントです。歴史がすごくあって、色んなことが決まってる学校よりは、お子さんののんびりした性格を考えて、ここならそんなに大変な思いをしないんじゃないかと思えるような所を選ぶのが良いです。立地よりも、学校のポリシーに惹かれて選ぶと思います。

お子さんが自分が何をしたいのかが見えてくるのがずっと先です。心の中ではいろいろ考えているけど、もう少し大人になってからじゃないと自分の言葉で堂々と出せない。小さい頃から自分の気持ちをうまく表現できる子もいますが、お子さんの場合は、物怖じせずに出すという性格ではないというだけ。時間がかかるけど、心が決まってひかえめながらにどうしたいかを言う時が来ます。なので焦って「将来どうするの?」「何がしたいの?」と聞かない方がいい。20代半ばまで見守るのがいいと思います。


Hong  Kong  LEI では奈津美さんのリーディングを受けたい方を募集しています。リーディングは30分無料です。質問は1つ。個人が特定される情報は出しませんが、質問の内容はこのコラムでご紹介します。希望される方はこちらよりお申し込みください。採用された方のみにご連絡させていただきます。

 

片岡奈津美さんのプロフィール

米国カリフォルニア州在住、スピリットコミュニケーター
相談者のスピリットガイドとコミュニケーションを取りながら、表面的な事柄を拾って「当てる」占い ではなく、ビジョンや メッセージを受け取り、魂に響く深いリーディングをする。リーディングには特に以下3点に心を置き、スピリットガイドたちの力を借りながら相談者のサポートをすることをミッションしている。

・「本当の自分(本質・ハイヤーセルフ)を意識しながら生きる」こと
・他の誰でもない「”わたし”が幸せを感じる人生を生きる」こと
・枠や思い込みを超えて「魂が喜ぶ生き方をする」こと

リーディングのプライベートセッションなどのお申し込みはこちらまで
Email: blissandmoments@gmail.com

奈津美さんのホームページ
https://www.blissandmoments.com/

奈津美さんが毎月監修されているカードリーディング
https://www.hypnoticlifeplus.com/cardreading

 

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。