2019/11/13

香港スイーツの原型とも言える、シンプルで優しい甘みの「糖水」。

今回ご紹介するのは、その中でも簡単で素朴なさつまいもスープですが、おいもの種類や生姜の量でいろんな味が楽しめます。

香港の人はショウガたっぷりが大好き。また、さつまいもをスープに加える前に叩いておくと、でんぷんが溶けてさつまいもの味がスープに溶け込み、濃厚な味に仕上がります。

 

食感と甘さのバランスを考えながら、お気に入りの味を見つけてくださいね。

 

<香港の主なさつまいもの種類>
西瓜紅番薯:オレンジ色の実。香りが強く、甘みは少ない。ねっとりとした食感 。
人参紅番薯:オレンジ色の実。ほのかな甘みでポクポクした食感。
紅皮番薯:黄色の実。澱粉と繊維質が多く、甘みは少なめ。
鶏蛋黃番薯:黄色の実。香りがよく、ほくほくとして煮崩れしやすい。

 

<材料( 3人分)>
安納いも       200g
鳴門金時       200g
水          800cc
片糖(素焚糖)    50~70g (お好みで加減を)
ショウガ       20g 〜40g(お好みで加減を)
冷凍胡麻団子     12粒

 

<作り方>
1. ショウガをよく洗い、皮ごと包丁の腹で叩いてつぶす。

2. 水にショウガと片糖を加え、沸騰させる。

3. 安納いもと鳴門金時の皮をむき、洗ってからキッチンタオルで包み、包丁の腹で叩いてつぶす。

4. 沸騰したスープにいもを加え、柔らかくなるまで煮る 。

5. 別の鍋にたっぷり水を沸かし、お団子を冷凍のまま入れて茹でる。

6. お団子が浮いてきたら取り出し、スープに加えてできあがり。


雲姐(ワンジェ)

料理研究家。香港に生まれる。幼少期、平日は祖母、週末は料理が趣味だった父の手料理を食べて過ごす。オーストラリアへ移住を経て、結婚を機に日本へ移り20年以上。中国国際薬膳師、発酵食品ソムリエ、発行ライフアドバイザーの資格を持ち、中華圏および日本の食文化への造詣も深い。現在は、日本の人々に香港料理を伝えるべく東京で活動中。

人在東京 Prime Kitchen Labo

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »