2021/01/14

香港でのコーヒー栽培に挑戦

金さんのコーヒー農園は、中国との国境近くにある。住所がないからとスマホへ送られた地図だけを頼りに、畑へ向かうことになった。車1台がやっと通れるような山道を進む。スマホの電波が途切れがちなこの状況で、迷子になっては大変! と冷や汗をかきながら、何とか畑にたどり着いた。

大きな鉄の扉の中にある敷地は、学校が建てられそうなほど広い。目の前には、小さい苗から2mを超えるものまでコーヒーの木が約150本並んでいる。金さんは1年前からこの土地を借り、1人でこれらの木を育てているという。

「コーヒーの苗を植えられる土地を求めて、ここへたどり着きました。水耕栽培や、爬虫類の餌用コオロギの飼育も、以前の畑の借主から引き継いでいます」

香港に移住して30年になる金さんは、香港で産業をおこして、香港人が誇りに思える地産のものを作りたいと、日頃から思っていたそうだ。あるとき、旅行で訪れたハワイでコーヒー農園を見学し、「香港でもコーヒーが栽培できるかもしれない」と思いついた。コーヒー好きは世界中にいるし、香港土産として売れるかもしれない。

「ハワイの農園では、80歳を過ぎたおじいさんが1人で1500本のコーヒーの木を世話していたんですよ。彼にできて、わたしにできないはずがないでしょう」

コーヒー豆は、コーヒーチェリーという赤い実の種を焙煎したものだというのはご存じだろうか。その実が収穫できるまでに、一般的に3~5年かかるといわれている。金さんの苗も、香港の自宅の鉢植えで3年間世話をして、やっと去年花が咲いた。香港でもコーヒーが育つことが確認できたので、すぐに畑の準備に取りかかった。

「政府から借りられる畑は、コーヒー農園を作るには狭いので、不動産屋さんから紹介されたこの土地を去年から借りています。『土の品質はどうですか?』と前の借主に聞いたら『OK 、OK! 有機!』って言うから信用してしまった。今はめちゃくちゃ後悔しています」

というのも、いざコーヒーの苗を植えようと地面を掘ってみたら、土の下から大量のゴミが出てきたそうだ。これでは無理だと、敷地内のほかの場所を掘ると、そこからは石やコンクリートの塊がゴロゴロ。

「全部掘っていたらキリがないし。しゃあないから、コーヒーを植えたいところだけ掘って、石とコンクリートを取り出したんです。出てきた石は置き場がないから石垣にしてね。石を運ぶために道をコンクリートで固めたりと、コーヒーを植えるまでに時間がかかりましたよ。植えてからも、雑草は生えるし虫はいるしで、てんてこ舞いですけど」

台風で苗が倒れたら支え棒をつけ、見たことがない害虫は写真を撮って調べる。次々と生える雑草を抜き続けて関節炎に。トライアンドエラーの繰り返しだ。植えたコーヒーの20%は枯れてしまったが、今年は20本ほどの木が真っ赤な実をつけた。取れた実は少しずつ集めて、大切に冷蔵庫に保管している。

「どうせ作るなら、もちろんおいしいコーヒーにしたいよね。でも、たとえおいしくないコーヒーができても『世界で一番まずいコーヒー』で売れるんちゃうかな」

モロッコのザゴラ砂漠にて。モロッコ生活は3週間がストレスの限界だったそうで、香港と行き来の生活だったという。
やりたいことにまっしぐら

「わたし、やりたいことがたっくさんあるんですよ」と話す金さん。彼女のこれまでの人生は、プライベートも仕事も「やりたいこと」に向かって常にまっしぐらだった。

日本の大学を卒業後、アメリカで半年間過ごし、香港で旅行代理店に勤めるために移住したのが30年前。その後、広告代理店に転職。上海やドイツで暮らしたこともある。なんと、2008年から6年間は、モロッコでレンタカーの商売をしていた。

「旅行でモロッコへ行ったら、めっちゃおもしろくてね。香港のネイザンロードみたいに活気があって、人がたくさんいるのにコンビニもデリバリーもない。自分が未来から来たような感覚で、ここでなら何かできそう! って思ったんです」

知り合いが1人もいなかったモロッコで、レンタカーショップやフットマッサージ店を6年間経営していたという金さん。その手腕と行動力、そして物おじしない度胸には圧倒される。

「やりたいことがあったら、まずゴールを決める。それに向かってこの順番でこれをする、という段取りさえ見えれば、何でもできるんですよ」

新しいことを始めたいと思っても、「やり方がわからないから」「学ぶ時間がないから」と、挑戦すらしなかった経験はないだろうか。それに比べ、金さんの考え方の何とシンプルですがすがしいことか。「そんなことできるの?」と言う人もいたのでは?と尋ねると、金さんは真顔で答えた。

「うーん、周りの人の言葉は耳に入らない。『あなたはできないかもしれない。でも、わたしにはできるかもしれないから、やってみる』。わたしはそう思っているんです」

2017年のアドベンチャーレースに、男性2名と金さんでチームを作り参加。金さんは松葉杖で走り切った。
香港でできることに全力を尽くしたい

「香港に来て、長距離トレイルランニングとドラゴンボートにはまってね」

やると決めたら、とことんやる金さん。2000年の「マクレホース100㎞トレイル大会」では、女子4人チームで優勝。ドラゴンボートは、監督兼選手としてフィリピン人女性チームを率いて、2004年の試合で敗者復活戦から優勝を手にした。「2年前に左足首の手術をして以来、まだ朝は松葉杖だけど、午後になると足がほぐれるから山を走っています」という。

「平坦な道を何も考えずに走るのは性に合わへん。足元や時間を気にしながら、集中してデコボコな山道を走るのが楽しいんです。人生も山あり谷ありでなんぼでしょ」

今はまだ、コオロギと、水耕栽培で育てるバジルの売り上げ以外、収入はほぼゼロ。しかし、これまでの蓄えを切り崩しながら、あと2年は農園を維持して生活できる見込みだそうだ。今後コーヒー豆がたくさん採れるようになれば、何とかなるだろうし、システムが出来上がれば協力してくれる人、引き継いでくれる人が現れるに違いないと金さんは考えている。

「わたしに残された香港での時間が何年かはわからない。けれど香港にいる間、香港でできることに全力を尽くして、何かをここに残したい」と語る金さん。

「まだまだやりたいことがいっぱいあるからね。To be continuedよ」

_

*Hong Kong LEI vol.42 掲載

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »