2021/08/11


ライターの杏さんは、2020年家族とともに英国から香港に越してきたばかり。街を歩くたび、目に飛び込む広東語(中国語)に驚きを隠せないといいます。次々と繰り出される杏さんの「妄想解釈」のあれこれを、連載でご紹介します!

息子の虫除けスプレーを求め、慣れぬ薬局に入店した時のことです。店員さんも忙しそうなので、とりあえず頑張って自力で探そうと思い店内をウロウロしていました(こういう時に下手に声をかけると、なぜだかすごく不機嫌そうに対応されたりして怖いので)。
すると、この煌びやかなピンクの箱が私の目に飛び込んできたではありませんか。

にっこりと笑った口元から真っ白い歯を覗かせた金髪碧眼のヤング美女が豊満な胸の谷間を惜しげもなく見せながらぶりっこポーズをとっているキラキラ写真。

は、いいとして、その横の四文字熟語の商品キャッチコピー。

『突破平坦』

『平坦』を『突破せよ』って…、どういう意味でしょう?
訳してみました(勝手に)。
これ『ペチャパイ人生を脱出せよ!』という意味ではないでしょうか?それとも『もうまな板なんて言わせない!』ということ?
どちらにしてもこのコピー、かなりストレートです。現役時代の松坂大輔投手もびっくりじゃないか、っていうくらい速球ストレートど真ん中勝負という感じです。
さて、あまりの直球勝負に怯んでしまった私ですが、気を取り直してその箱を手に取り、この眩しい製品をよく観察してみることにしました。
すると『突破平坦』の下には何と『発育、升カップ』と書いてあるではないですか!
またもや私の中の「勝手にほんやくコンニャク」が稼働しました。そのインチキコンニャクが『BとかCとかそんな生半可なカップじゃなくて、升くらいに大きくなるよ!』って言っています(もう一度いいますが、これは私の勝手な訳です)。
『升』…ですか? 升ですね。わかりやすくいうと、米一升は約1.5kgですから、それを球状にすると、小玉スイカくらいってことでしょうか。
そしてその上には『2次發育 波動丸』と。私が(勝手に)理解するに、一次発育でチャンスを逃しても、この魔法の薬で奇跡の『二次発育』を誘発、そしてその『二次発育』によって成長した『升カップ』が『波動丸』すると書いてあるわけです。
『Up-Up アーンドUP』 した『升カップ』が『波動丸』するって、言うんです。

波動…ってことは小玉スイカ級がゆらんゆらんするってことですか? もうウブな私には刺激が強すぎました。
商品を棚に戻し、まさに波動拳に直撃されたかのような衝撃を受けた私は、ふらつく足元でその薬局を何とか脱出することに成功しました(と同時にペチャパイ人生の脱出には失敗しました。あ、虫除けスプレーも買い忘れた!)。

後日、“飲むと升カップに再発育する魔法の薬”には一体何が入っているのだろうか、と気になり、製品のサイトを覗いてみることにしました。するとありました。
ペチャパイに『速攻効き』、『升カップ』に『再発育』させる『4大』『元素』が!こちらです。

ドイツ国旗の表示にご注目。コロナウィルスの親戚みたいな写真、そして『DNA』とか『胎盤』とか書いてあります。日本のように『プラセンタ』、などカタカナでオブラートに包むことはせず、そのまんま『胎盤』って書いてあります。やはりこちらでは広告の文句はストレートに攻める主義みたいですね。

さて、妄想だけではいけませんので、その後広東語の先生に詳しく伺いにいきました。
夜の広東語レッスンでは中年おじさん四人と共に学んでいるため、教室ではなかなか聞きにくいものです。私は休み時間にこそこそっと教室を抜け出し、別室でプーアル茶をすする先生のところに製品パッケージの写真を持って突撃しました。
「先生、すごいものを見つけたのですが。この『突破平坦』と『発育升カップ』とは一体広東語ではどんな意味なのでしょうか?」
するといつも冷静沈着なこの女性の先生はお茶を吹き出すこともなく、静かに湯呑みを机におき、その写真を眺めると「『突破平坦』は平坦を突破すること、つまり平坦ではなくなることですね」とおっしゃりました。
私の翻訳コンニャクもいい線いってますね! ただ、升カップについては、残念ながら小玉スイカカップという意味ではなくブラのカップが一段昇級する、大きくなる、そういう意味なのだそうです。

というわけで、『胎盤』を飲みこむ勇気のない私は、ここ香港の風景とは対照的に山なし谷なし二次発育無しの平坦街道を今日も行きますが、日々楽しい広東語に出会えて開心(ハッピー)ですので、それはそれでよしとしましょう。

それでは皆様また次回!


小林杏 (Anne Kobayashi)


東京都出身、青山学院大学仏文科卒。ニュージーランド、日本、フランス、英国での就業経験あり。ロンドンでの出産子育てを経て、2020年に来港。今まで住んできた土地のように、香港も愛おしい場所となりつつある今日この頃。趣味は読書、舞台芸術鑑賞とカンフー映画鑑賞。

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »