2019/07/15

中国広東省深セン市福田区にある都市型複合商業施設「Shenzhen Upper Hills(深セン・アッパーヒルズ)」に6月11日、日本食レストラン、カフェ、バーなど16店舗から成る「YOKOCHO(横丁)」がオープンしました。オープニングセレモニーにご招待されたので行ってきました。

場所は福田口岸から地下鉄4号線市民中心駅から徒歩20分圏内。やや遠いので、福田口岸からタクシーの乗ったほうが便利かもしれませんね。(移動時間は約15分、タクシー代25元)

さて、今回深セン初進出となる「YOKOCHO」は、シンガポールを拠点にレストラン運営などを手掛けるPJビジョナリーと、香港上場のNRJ China Yokocho Co.Ltd の提携で、三菱地所が外部コンサルタントとして飲食店を誘致したもの。構想期間は3年以上に及びました。

敷地面積約3000㎡には「プレミアム・ハイエンド・ゾーン」や「ミッドレンジ・レストラン」「カジュアル・カフェ・ティハウス」といったレストランを配置しています。

ミシュラン星を獲得している焼き鳥「バードランド」やイタリアン「Rostorante Sala Amabile(サーラ アマービレ)」をはじめ、月桂冠がサポートする日本酒バーでは全国から選りすぐりの300種類の銘柄を取り扱い、様々な用途にあわせて使えるようデザインにも工夫をこらしています。進出した16店舗のうち、13店舗は海外初進出とのこと。

「その時々のコンセプトに合わせて、接待で、ご家族で、お友達と気軽に行ける場にしてほしい」と話されたNPJ China Yokocho Co.Ltd代表の高橋世輝さん。深センで立ち上げる前にハワイに「YOKOCHO」を進出しています。

取材した高橋さん

「若い世代が多く、今目覚ましい成長を遂げている深センにさらなる伸びしろを感じていますね。香港に隣接しているのも物流面で大いにメリットがあります。地元の人たちだけでなく香港からも多くの人に訪れていただきたいですね」と話されました。

「Shenzhen Upper Hills」は中国有数の都市型複合商業施設 として昨年オープン。商業施設、オフィス、住居、ホテルが一体となった大型複合施設です。深セン最大級の不動産会社である深業グループの関連会社・深業置地は200億元(日本円で3142億円)を投じて造られました。週末になると若者たちで賑わう人気スポットになっています。隣には良品計画のブランドを冠した世界初のオープンとなった「MUJIホテル 深セン店」。

来年6月には地下鉄10号線が直結、さらに来秋には「マンダリンオリエンタルホテル」の開業が控えているなど、今注目のエリアとなっています。
Upper Hills 公式サイト:http://www.upperhills.com/


楢橋里彩
福岡県出身。学生時代よりNHK番組にてバイリンガル学生リポ―ターに。NHK宇都宮局キャスター、ディレクターとして携わった後、2007年より中国・大連にある大連電視台(国営テレビ局)にて日本人アナウンサーとして2年間勤務。2009年より香港へ移住。現在は、香港から香港・中国のニュースを毎日発信している「日刊香港メールニュース」の記者として日々のニュースを追いながら、企業トップインタビュー、司会、講演など幅広く活動中。
ブログ http://nararisa.blog.jp/
「日刊香港メールニュース」メルマガ購読サイト(無料) https://maroon-ex.jp/fx140298/ktiYEc

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »