2022/11/06

ある日、日本人の友人が新婚旅行について話してくれました。彼女は確か今年67歳になる親切な女性で、香港が大好きだそうです。

彼女の話によると、1980年代の香港は夜景が素晴らしいだけでなく、中華料理や外国料理も食べられて、新婚旅行にふさわしいアジア都市でした。

驚いたことに、彼女の一番記憶に残っているところはピークではなく、タイガーバームガーデンです。

タイガーバームガーデンは実業家の胡文虎と兄弟の胡文豹によって建てられた別荘で、1935年建設が完成しました。胡氏兄弟は今でも有名な薬ブランド、虎標萬金油(タイガーバーム)という軟膏の元社長でした。この建物は、1950年代から2000年にかけて、市民向けの観光地として公開されていました。

1961年、三島由紀夫が香港を訪れました。文豪は庭園を見学して、「美に逆らふもの」と言う文を書き、文芸雑誌「新潮」の1961年4月号に掲載されました。その頃から、タイガーバームガーデンが日本人の間で爆発的な人気になったのも、三島由紀夫のおかげかもしれません(その文は最後にあります)。

私も中学生時代に行ったことがあります。あまり記憶がないですが、庭園中のコンクリート造りの7層パゴダ(仏塔)と周囲のデコレーションが怖かったです。仏教か儒教か道教かわからないですが、ジオラマの地獄や極楽の風景を明確に表し、人間に反省させる効果があると言われています。

文化財とはいえ、2000年に閉鎖されて以来、忘れられつつあるタイガーバームガーデンの土地は少しずつ住宅用になりました。今は高そうに見える高層マンションになりました。

三島由紀夫に嘔吐を催させるくらいだった地獄極楽風景はなくなりましたが、昔立ち入り禁止の胡氏豪邸は入れるようになりました。

実は、タイガーバームガーデンは文化財として、ある音楽学校の校庭になりました。虎豹樂圃(Haw Par Music)は香港政府と契約を締結しました。校庭を借りる代わりに、無料見学ツアーを観光客に提供します。

入り口は虎の人形が立っています。
虎標萬金油(タイガーバーム)の椅子も写真スポットです。

 

私は2回見学ツアーに参加しました。教室として使われている部屋は毎回違うので、参観路線は曜日によって変わります。

和洋折衷建築は日本でよく見られていますが、胡宅は漢洋折衷のスタイルでデザインされています。

注目されるリビングの丸くて大きいガラスドアはイタリア製のガラスで、職人の手作りです。

近くに立って見たら、100年前の職人のサインが残されていました。

部屋のデザインは基本的に洋室になっています。でも、細かいところは中国の伝統が見られます。

コウモリ(蝙蝠)=福

花瓶=平安   *瓶/平 広東語同じ発音

 

浴室にある戦前ならではの豪華な設備が胡氏一族の栄光を語っているようです。

 

Mother Burmania はどちらの女神か分からないですが、旗は虎標萬金油(タイガーバーム)ですね。

ベランダから鴟尾(しび)がたくさん見られます。不思議な動物ですが、風水に詳しい胡氏兄弟が選んだ鴟尾ですから、風水に関係していると私は信じています。

もし、あなたも虎標萬金油(タイガーバーム)を持っていたら、ぜひこの別荘に参観に行ってくださいね。

 

虎豹樂圃無料見学ツアーの申し込みはリンクまで

https://www.hawparmusic.org/tc/

 

ちなみに、香港で虎標萬金油(タイガーバーム)と似た軟膏といえば、オロナインH軟膏 (娥羅納英H軟膏)が有名です。

 

——————

付録:

 

この庭には実に嘔吐を催させるやうなものがあるが、それが奇妙に子供らしいファンタジイと残酷なリアリズムの結合に依ることは、訪れる客が誰しも気がつくことであらう。中国伝来の色彩感覚は実になまぐさく健康で、一かけらの衰弱もうかがはれず、見るかぎり原色がせめぎ合つてゐる。こんなにあからさまに誇示された色彩と形態の卑俗さは、実務家の生活のよろこびの極致にあらはれたものだつた。胡氏は不羈奔放を装ひながらも、この国伝来の悪趣味の集大成を成就したのである。

中国人の永い土俗的な空想と、世にもプラクティカルな精神との結合が、これほど大胆に、美といふ美に泥を引つかけるやうな庭を実現したのは、想像も及ばない出来事である。いたるところで、コンクリートの造り物は、細部にいたるまで精妙に美に逆らつてゐる。幻想が素朴なリアリズムの足枷をはめられたままで思ふままにのさばると、かくも美に背馳したものが生れるといふ好例である。

 

— 三島由紀夫「美に逆らふもの」


キリ
日本語教師で旅行作家。唎酒師と観光ガイド資格。特に日本が大好きで年に10回以上は訪れる。著書に『Kiri的東瀛文化觀察手帳』(2017)、『日本一人旅』(2019)、『爐峰櫻語』(2022)がある。香港の誠品商務三聯などの書店で購入可能。
ブログ Kiri-San.com
Facebook Page m.facebook.com/kirisan.page/
Instagram www.instagram.com/kirita/

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。