2022/11/05

みなさん、こんにちは!

今回の「Old Hong Kong in Colour (彩られ蘇る香港今昔)」は、香港島南岸のレパルスベイ(Repulse Bay/淺水灣)をご紹介します。

この湾の名前は、1840年代、ここに停泊したイギリス海軍の巡洋戦艦「HMS Repulse」にちなんで名づけられたと言われています。
ここは、ハリウッド映画『慕情』(1955年)の舞台となったことでも有名ですね。

290メートルほどある広々としたビーチは、白砂と浅瀬の澄んだ海水が美しく、19世紀から、香港島の主要な海水浴場として親しまれてきました。
1936年に来港した日本の作家、横光利一もレパルスベイを訪れています。

詳しくは、LEIコラム「偉人たちの見た香港」第4回 横光利一もご一読ください。

〈コラム本文抜粋〉

横光利一を乗せた箱根丸は、朝、香港に着いた。横光利一と高浜虚子は下船し、それぞれ自動車で香港島を一周した。風に波立つレパルスベイ(淺水灣)一面に咲く黄色い花を眺めながら、香港の風景は、旅の幸せを充分に味わわせてくれると感じた。


1946-47年に撮影されたレパルスベイビーチの写真は、Old Hong Kong in Colourによる最新技術で彩られたことで、砂浜の白さと透き通る青い海の美しさが際立っていますね。

ぜひ、じっくりご覧ください。

 

 

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。