2022/12/06

みなさん、こんにちは!

今回の「Old Hong Kong in Colour (彩られ蘇る香港今昔)」は、19世紀の香港で利用されていた乗り物の轎子(giuji/きょうし)について写真を見てみましょう。

古代中国の伝統的な交通手段の轎子は、「肩輿」とも呼ばれることからも分かるように、人を乗せる椅子を人力で担いで運ぶ乗り物です。日本でいう駕籠(かご)ですね。

香港掌故——交通工具 | 大紀元 (epochtimes.com)によると、轎子には、官用、旅客用、医療用、葬儀用などいくつかの種類があり、厳しく区別されていたそうです。轎子は重労働ですが、当時はまだ安定した収入を得られる仕事だったとか。

1870年代以降、馬車や人力車、そして1888年にケーブルカーが登場すると、轎子の役割に大きな影響を与えるようになり、1930年代には姿を消していったといいます。

 

「日本近代洋画の父」と称された画家・黒田清輝は、1884年、18歳の時から、1900年、1901年と19世紀末の香港を訪れて、実際に轎子に乗っています。

〈コラム本文抜粋〉

交通機関に関して、香港で駕籠(轎子)に乗る時は、一般的に客は先に運賃の交渉は行わず、降りる際に裁量で運賃を決めていると黒田は記録している。代金受け取りの際、轎夫は必ず「安すぎる」と文句を言うが、客はそれを無視して去ってしまう。 上海では、文句を言う轎夫を客は殴り、黙らせるという。 香港では殴ってはいけないという法律があると聞いていたが、それでも巡査が殴っているのを見た、と黒田は記録している。

 

LEIコラム「偉人たちが見た香港」第5回 黒田清輝 もご覧ください。


実際の轎子の写真とともに、19世紀の香港の街並みや人々の様子もご覧ください。

写真左に轎子、その横に人力車が写っています。

 

 

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。