2022/09/24

こんにちは。この夏はグランピングやキャンプは暑いので、犬連れでステイケーションをしました。最近は犬連れ可のホテルも多くなった香港ですが、街中よりリゾート気分を味わいたくて、西貢のWMホテルにしました。

ドッグケーションの案内はホームページにもありますが、予約はホテルに直接電話して行いました。犬連れが泊まれる部屋は決まっています。1棟のGフロア部分の部屋はすべて犬連れ可で部屋数も少なくないと感じました。屋上でキャンプができる部屋などは犬連れ宿泊不可ですのでお気を付けください。
WMホテルは西貢のパブリックプールのすぐそばです。我が家はいつものことながら車で行きましたが(駐車場は宿泊客はチェックインから24時間無料)、西貢中心地のバス停から徒歩10分弱。

チェックインは15時から。15時過ぎに到着したらすでに長蛇の列でした。

平日でしたが、チェックインが終わって部屋に入るまで30分弱かかりました。チェックイン時の待ち時間の長さは、残念ながら開業して1年間改善が見られていないようです。

犬連れは、ロビー棟と犬連れ可の宿泊棟はリード歩行が可能です。客室内は、犬のシャワーは不可でしたが、ベッドに上がることは可能。犬用のトイレ、食器、ベッドは備えつけられていて、ウェットティッシュやトイレシートなどはもらえます。

チェックインがすんだらすぐにプールへ。時間制でフィットネスセンターでの予約が必要です。犬は夫に預けて、娘とプールへ。プールへの入場は安心出行が必要となりますので、携帯電話をお忘れなく。プールは最上階。低層のホテルですが、周りに高い建物がなく、西貢の海を見渡せるインフィニティプールが素晴らしかったです。

夕食は西貢の中心地へ。西貢はドッグフレンドリーのレストランが多いですが、久しぶりに海鮮に。

たくさんの犬と触れ合いながら海沿いを歩いて10分程度で到着。全記では食事中の犬用カートも用意されており重宝しました。

帰り道も海沿いを歩いていたら、野生の牛と遭遇。

朝食はホテルのレストランで。ドッグケーションプランは2人分無料。犬連れはレストランの外、チャペル下のテーブル席で飲食可です。

夫は西貢の街中で食べたいとのことなので、有名なパイナップルパンをおみやげにお願いしました。
朝食後はまたプールへ。夕方と朝、太陽の位置が違うと雰囲気も違いました。
ホテル内の売店は、食料品から雑貨まで種類が豊富。さらに値段も良心的でコンビニに行かなくてもすみます。

アーケードにまだお店が入っていない新しいホテル。サービスはまだ粗い面もありますが、犬連れ、子連れには気が楽かも。すぐそばにはスライダーもある公共プールや、カヤックとサップができるビーチもあります。西貢埠頭から離島へ行くもよし。西貢で遊びつくすにはぴったりのホテルです。


田上えり

2004年来港。香港の造園家3代目に嫁いで18年目。家族は香港人の夫と娘一人。日本でメーカー勤務、香港にてピアノ講師を経て、2020年3月まで7年間リトミック教室を主宰。現在はK.K.Gardenでプリザーブドフラワー販売、リボンとハーバリウムのレッスン・販売に従事。K.K.Gardenのブログameblo.jp/kkgardenhk

 

同じ筆者によるその他のコラムはこちら
在港17年、中文大学の北京語コースに挑戦!
https://hongkonglei.com/category/column/beijing/

 

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。