2017/07/14

美しい立ち居振る舞いを作る最適なメソッド

白鳥ボディーの秘密

優雅に湖に浮かぶ白鳥も、水面下では必死に水をかいています。バレエの有名な演目に「白鳥の湖」がありますが、バレリーナも白鳥のように見えない努力を続けているのです。

バレエをやったことのない方にバレエのイメージを聞いてみると、「キラキラ」「フワフワ」「やわらか」などのワードが必ず出てきます。おそらく衣装の雰囲気や、つま先で立って軽やかに踊るところから、そういった印象を受けるのだと思います。

フワ~ッと飛んで見せたり、男性に軽やかにリフトされたり、片脚立ちで何回転も回ったり。体重を感じさせないほど軽やかに、スピーディに踊れるのは、白鳥が水面下で必死に足を動かしているように、見えないチカラが働いているからです。それは「フワフワ」「やわらか」とは正反対の「軸」「芯」。「軸がブレない」「芯が強い」など、人の内面の強さを表すときにも使う言葉ですが、この「軸」「芯」が軽やかに動く魅力的な身体には必要なのです。

バレエのレッスンでは、軸!! 軸!! 軸!! と、しつこいくらいに軸のチェックが入ります。身体の軸があれば、無駄なチカラ、余計な気合いは必要なくなり、見た目も美しい身体になれるのです。そんな白鳥ボディーになるためには、血のにじむような努力が必要。バレリーナの足は実はボロボロ……。涼しげな表情で軽やかに踊っていても、実は痛みを抱えていたりするのです。

バレリーナは生まれつきバレリーナなのではありません。見えない努力を必死に続けたからこそ、優雅に美しく、軽やかに飛べるようになるのです。真の美しさというのは、そうやって身についていくもの。日々の努力こそ、大切にしたいですね。

ugaeri-san魚返 佳代


6歳よりバレエを始める。コンクールで優勝後、英国セントラルオブバレエスクールに留学。
アジアダンス芸術特別賞受賞。日本バレエ協会バレエリトミック指導1級。
女性雑誌『25ans』ビューティー・メダリスト審査員を務める。
Ballet blanc Entertainment Co.,Ltd設立。
Ballet blanc


Backnumber
Gracieuse comme une Ballerine vol.1
Gracieuse comme une Ballerine vol.2
Gracieuse comme une Ballerine vol.3
Gracieuse comme une Ballerine vol.4

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »