2020/03/01

昨夏より落ち着く様のない激動の香港。大きなエネルギーがうごめいているのを肌で感じますよね。気付かぬ間にそのエネルギーの影響を受け、私達の体の軸がブレてきている・・・そう感じることありませんか?

例えば、いつもとは違う状況や環境が続く不安感で苦しくなったり、眠れなくなったり。いつもなら、気にならないことでイライラしたり、怒りっぽくなったり。特にここ数ヶ月は「からだ」の不調と言うよりも「こころ」の不調が多いのではないでしょうか?

こういった場合、みなさんはどうされますか?

いろんな対処法はあると思いますが、簡単で効果的な「こころ」の養生法が漢方にもあるので、今回「漢方的なこころの整え方」をご紹介していきたいと思います。

 

漢方では、感情や意識、記憶、思考などの「こころ」の部分もからだの一部と考えます。漢方でいう”健康”とは「こころ」と「からだ」の両方がバランス良く機能していることで、「こころ」が不安定な場合は、健康とは言えません。ですから「こころ」の不調は「こころ」だけに注目するのではなく、関連する「からだ」も調整し対処していきます。先に「からだ」からアプローチして「こころ」を立て直すこともあります。どんなアプローチをするにせよ、まず「こころ」が動く”原動力”が満たされていることが絶対条件です。この原動力を漢方では「気」と呼びます。

「気」は清らかで新鮮な空気と食事から作られます。つまり呼吸は「気」を作るうえでの重要な行為となってきます。人はストレスを感じると、自然に呼吸が浅くなるものです。器質的な原因を除き、うまく呼吸ができないのは「こころ」がうまく働いていないからとも言えます。ストレスや不安感など「こころ」の不調を感じているなら、薬などに頼る前に深呼吸からはじめてみませんか?

深呼吸は、いきなり吸うのではなく、先にゆっくりと口から息を吐き切ってからスタートします。
まずは胸を上げるようにして、ゆっくり鼻から4カウントで息を吸います。
いっぱいに息を吸い込んだら、また4カウントでゆっくり息を口から吐きます。
数回繰り返してみてください。ポイントは、肩が上がらないようにすること。そして、吸った空気がおなかまで落ちるイメージで呼吸をすることです。

からだ全体にエネルギーが行き渡る気がしませんか?
からだの疲労を回復させる場合でも、まず深呼吸!が有効なんですよ。
これで「こころ」を立て直す準備は、ほぼ完了です。
深呼吸が習慣となれば、自然と「気」を満たすことができるでしょう。

 

 


林 三貴
薬剤師、国際中医師、望診法基礎アドバイザー、おうち漢方@香港主宰。漢方専門薬局での300名以上の漢方相談経験を生かし、2017年より漢方講座を開講。翌年、経絡トリートメントおよび漢方養生茶を提供する漢方カウンセリングをスタート。製薬会社(基礎研究)、調剤専門薬局で培った西洋医学的見解も併せ、両側面からの養生法をみなさまにご提案しております。
kanpohk@gmail.com
https://kanpohk.amebaownd.com
(ブログ) https://ameblo.jp/take-mine/

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »