2022/08/31

今回、ティファニーさんと対談をしたいと思ったきっかけは、彼女が作った商品が素晴らしかったから。いつも地に足のついた印象を持っていたので、どんなことを考えてお仕事などに取り組んでいらっしゃるのかお聞きするのが楽しみです。


里絵)ティファニーさんはオーガニックティーの会社を立ち上げていますが、何がきっかけで始めたのですか?

ティファニー)今のパートナーがまだイエール大学の友だちだったころ、わたしたちはチベット仏教徒でネパールに行ったの。友人がネパールで貧困のための団体を作っていたので、村の農家とか貧しい人たちを訪ねました。
ジャガイモばかり育てていた農家のいる山に行き、チアシードとかキヌアとか、もっとマージンが高く取れるものは何かと色々試した。その中でオーガニックティーをやってみたの。そしたらフレーバーが素晴らしくて、市場では見つけられないほど良いものでした。
でも農家の人たちは、いつも通りにインドに安く売るしか売り方を知らなかった。それで私たちが買うわ!ということになって。

その頃は、まだ私たちはそれぞれ仕事を持っていて、パートナーは不動産業、わたしはアート業界にいて、最悪友だちにそのお茶を飲んでもらえればいいと思った。最初は人助けのつもりで始めたけど、10年後には本業になったの。
でもこの商品は素晴らしくて、絶対どこかに市場はあると信じていた。ネパールの農家の人たちは若いから、寄付よりも自立して歩いていけるようになることが必要だった。彼らにとってはこれは個人の尊厳を守ること。それで事業を始めたの。

Tiffany さんが手がけるGurungのオーガニックティー(ウェブサイト: www.gurungtea.com インスタ: gurungtea 

 

里絵)いただいたレモングラスティーは、いつも飲んでいるものと味が違ったのでびっくりしたんです。

ティファニー)そうでしょう? お茶というのは、収穫できる時期やコンディションによって味が違うもの。でも同じ味を補償しなければならない。そこで通常市場では同じ香りや味になるように人工的なフレーバーを入れるの。降水量によっても味が薄くなったりするものなのよ。でも、私たちはそうなっても人工的なものは入れないので、薄い味の年はティーパックの中に通常よりも多めのレモングラスを入れないといけない。スパイシーに感じる年は、少なめにする。毎年調整しないといけない。

里絵)わたしのレイキの生徒さんにも仏教徒の人は結構いるけど、仏教とレイキって似てる部分ってあると思う?

ティファニー)もちろん。私がマスターから仏教を学んだ時、ビジュアリゼーションを使うことを練習したの。光をとり込むイメージをしながら浄化したり。 外のエネルギーを取り込んで、ネガティブエネルギーを取り去る。その辺はレイキに似てるから好きなの。
でもレイキの方がもっとエネルギーにフォーカスしてると思う。レイキはポジティブなピュアエネルギーにフォーカスしてるでしょ?

 

里絵)良いエネルギーとか悪いエネルギーとか言うけど、レイキでは良い流れ、悪い流れと言うの。気というエネルギーは1つしかなくて、それに良し悪しはなく、流れをみる。流れが悪ければ、どこかが詰まっていると理解する。でもあなたの言う通り、レイキはエネルギーに関する練習が多いし、良いエネルギーにフォーカスするわね。
私が思う仏教って、哲学とかお経やマントラなどがメインだと思うけど。

ティファニー)そうね。瞑想をする時もあって、その時は調和を意識する。チャントする時、シンギングボールとか使うこともあるけど、周波数が体の内側のチャクラなどとマッチして調和を作る。レイキも調和なのよね。全てが調和すること。

里絵)レイキは物は使わないけど、目指すところは同じく調和。仏教はどうして始めたの?

ティファニー)仏教徒はカルマを信じるんだけど、きっと私にはチベット仏教徒になるカルマが前世であったのね。家族でチベット仏教徒ではないけど、教えを知って私はこれだと思った。

里絵)仏教徒になったことで何か心に響いたことはあった?

ティファニー)リンポーチェ(チベット仏教の高僧)の教えの中に、このビジネスと繋がりがあった。それは「目標が、人のために行うことであれば長く続けていける」ということ。
お茶のビジネスなんてやったこともなかったし、長い間お金を稼げなかった。「なぜこんなことやってるの?」と人から聞かれたけど、私たちがやらなかったら一体誰が買うの? コロナ前は毎年村に行って視察してまわった。農家の人たちに会って、「あなたたちが作ったお茶は素晴らしい」というとみんな笑顔になる。彼らをガッカリさせるわけには行かないと思うの。
リンポーチェがいうように、人のためなら頑張れる。お茶のビジネスも同じことね。

昼間は普通に仕事して、夜はお茶の仕事をしていたのよ。貧困に対して、寄付をしてお金で解決するのは正しいと思えなかった。サステナブルは本当に大変なんだけど、私たちはできると信じていた。寄付はいつも誰かを頼るけど、サステナブルになれば、全ては自分から発せられる。
こういう考え方のソーシャルエンタープライズ(社会的企業)って私たちだけだと思ったけど、10年経って見渡してみると結構あるのよね。

里絵)ビジネスを通して気づきとかありましたか?

ティファニー)特に最近は継続することが本当に大変だと思う。リンポーチェの教えがあったからこそ、ここまで続けてこれたと思う。
この仕事は大変ではあるけど、たくさんのJOY(幸せ)を運んできてくれる。私たちが影響を与えるのはほんの一握りの家族にすぎない。でも満足感があるの。状況が悪い時でも、私たちは何かを変えていると思える。
ある人が、「あなたはたくさんのことをこの貧しい農家の人たちにしてあげたのね」と言ったけど、私たちもたくさんのものをもらっている。JOYもその1つ。経済的な意味だけではなく、精神的にもね。

 


 

心耀堂では、グループの練習会やレイキカフェを定期的に開催していますので、ぜひ参加してみてください。

レイキに対して疑問や不安がある方からのご相談・質問も、随時受け付けています!

レイキのアチューンメントについて詳しく知りたい方は、こちらの動画をご覧ください。
https://youtu.be/ONN9Jctxi5A

https://youtu.be/lnujUqFuKZE
英語バージョン(日本語キャプションをつけてご覧ください)

アチューンメントの詳細とご予約はこちら

https://www.japan-reiki.hk/reiki-attunement-course/

レイキカフェの詳細とご予約はこちら
https://www.shinebodysoul.com/reiki-cafe/

 


    笹木里絵さん

2010年 香港で心耀堂 / Shine Body & Soul Healing Center を設立。以来、臼井レイキの講習や施術を日英両語で行っている。現在までに受講生は約400人に至る。最新著書「こんな役立ち方もある!意外なレイキ活用法 -妊娠・出産・子育て編」(2022年8月)がある。

MTR 銅鑼湾駅E出口より徒歩 2 分
(完全予約制)9831 6058
https://www.japan-reiki.hk

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。