2018/05/14

~ 二兎を追おう! 〜

あなたには、
叶えたい夢は、あといくつありますか?

その夢を全部叶えるためには、
もう時間が十分ないかもしれません。時間を早送りしないといけないかもしれません。

「どちらかを選ばないといけない場合、どうしたらいいですか?」
「どっちか、じゃなくて、どっちも!を選びなさい」
私のメンターの言葉。

どっちか、じゃなくて、どっちも?!?!
仕事か彼か…ではなく、仕事も彼も!両方。
子供との時間か自分の時間か・・・両方!

もっとよくばりに、もっとわがままに、自分の人生をクリエイトしていい!と自分に言ってみましょう。やる!と決めたら、後はいかに両方を両立できるかをイメージすればいいだけ…。

自分のHappyを優先することを怖がらない。
Happyホルモンが出ているときの方が、エネルギーも高く、そして、もっと時間も効率よく進められたりするのですよね。

「二兎を追うもの一兎も得ず…」とは古くから言われているけれど、ひとつだけに絞っていたことで、がっかりする結果になってしまったりもする時代。

今は、二兎どころか、
一度に五兎を追いかけるくらいでもいいかもしれないのです。

すべてのケースに当てはまるわけではないのだけれど、どこかで自分にブレーキをかけている場合には、「どっちかを選んだ時のデメリットは?」と、「どっちもを選んだ場合のデメリットは?」を考えてみることをおすすめします。

何かのために何かをあきらめるのではなく、何かと何かを両方求めて生きていい。

私たちの多くは、小さい頃から親や周りの人の期待に応えることに一生懸命で、自分自身の意思で選ぶ、決断することに慣れていない人も多いのです。

周りの価値観に合わない自分のことを否定してしまうことさえあります。

自己実現する人、夢を叶えている人たちに共通するのは、やりたいこと、願望を「ちゃんと言語化して人に伝えること」を実行していることです。

世界中でスピーディなコミュニケーションが取りやすくなった今、「どちらかを選ばないといけない」時代から、「一度にどちらも選べる」時代になってきているのです。

幸せになることにもっと貪欲になっていい。

自分の感性を信じて、
もっとわがままに、もっと欲張りに、どちらも選んでいい!
それができる自分に成長すればいいだけなのですから。

※ このコラムへのご感想をお寄せください。info@hongkonglei.com

author-ph_0001_sali-san生田サリー


フリーアナウンサー、日本/アメリカで、司会、リポーター、ナレーターとして数多くの番組に出演。現在は、人生・夢・女性としての生き方についての講演など、幅広く活躍中。
http://www.saliikuta.com


Backnumber
Happy Women’s Talk vol.21
Happy Women’s Talk vol.22
Happy Women’s Talk vol.23
Happy Women’s Talk vol.24
Happy Women’s Talk vol.25
Happy Women’s Talk vol.26

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »