2020/09/15

皆様、今年も後半になりましたね。
まだコロナの落ち着きが感じられませんが、皆様の安全と健康をお祈りしています。

さて、コロナで皆様のお仕事でZoom会議が多くなっていることと思います。そこで!今回はZoom会議で映えるメイクのテクニックについてお話ししようと思います。

 

Zoom会議するときの画面って結構ぼやけて写りますよね。そして、実際よりも顔全体のトーンが低く見えてしまいがちです。なので、ファンデーションは実際よりも明るめが理想です。だからといって「Zoom会議のためにわざわざ新しいファンデーションを買うのはちょっと」という方は、後半でも記述しますが、いつものファンデーションで、なるべく明るい場所での会議を心がけましょう。

 

まずは、目の下のクマが気になる方はコンシーラーで隠しましょうね。Zoom用メイクで利点は、毛穴や、シミ、そばかすも目立たなくなるので、丁寧に補修をしなくても大丈夫です!まずは、いつものようにファンデーションをしてください。

 

次は眉とアイシャドウ。眉もいつも通りに書いてくださいね〜。(第3回で眉の描き方をお伝えしています)アイシャドーは単色で。おすすめはニュートラルな色!濃い色は影になったりして老け顔や疲れ顔に見えるので、注意しましょう。ラメを入れても画面でははっきり見えないので、こちらもやらなくてもいいですよ。

 

そして、重要なのは、アイライナーとマスカラ、そしてチーク。ここはきちんとやってください。目元はぼやけがちなのでマスカラなどは丁寧に付けましょう。Zoom用のメイクはあくまでも引き締め効果を意識してお顔を作ってください。チークはいつもより、内側に入れてくださいね。何故かというと、コンピューターのレンズは、顔が広がって見えます。チークをつけるときは笑ってみて、頬が一番高いところに付ける。いつもより気持ち広く、多めに。

 

最後にリップですが、ナチュラルより、メリハリをつけるために色があった方が良いです。でなければ、グロスなどでツヤ感を出すと良いと思います。メイクに慣れている方であれば、ノーズシャドーやコントーリングもおすすめです。立体感を出してより綺麗なお顔を演出なんていうのも良いと思います。こちらは上級者テクニックなので、慣れていない方はスルーで良いでしょう。

 

もう1つ、Zoom会議で大切なのは、光。まず、家の中の何処に光があるかを確かめてくださいね。光に対して背中を向ける逆光や、照明の真下などに座るのは避けてください。折角、綺麗なメイクをしていても、これでは顔全体に影が出来て暗く映ってしまいます。今は街中にリングライト(丸い照明)がお手頃な値段で購入できるようなので試してみてはいかがでしょうか。リングライトが用意できたら自分が座っている正面に置いてみましょう。以前、広告のコマーシャル撮影でモデルの顔に吹き出物が沢山あったのですが、ビデオグラフグラファーがモデルさんの真正面にライトをおいて、吹き出物が映らないようにしていました。画面越しには綺麗なお肌のモデルさんに見えましたよ。ライテイングの素晴らしさを知った瞬間でした!(笑)あとは、ご自身のテーブルの上に白いタオルなどを置いても光を和らげることができます。最後になりましたが、ヘアスタイリングで気をつけることといえば、前髪などが顔にかかって影を作らないようにしましょうね。

 

いつもあなたの綺麗を応援しています。

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »