2021/12/27

こんにちは。今回はハイキングではなく、カヤッキング。ハイキングが暑さで厳しくなってきた4月末に行ってきました。

マリンスポーツも盛んな香港。カヤックができる場所はいくつかありますが、我が家が行ったのは西貢カントリーパーク内の海下湾マリンパーク。通常カントリーパーク内は入車規制をしていますが、海下湾にあるレストランで食事とカヤックの予約をすると、入車許可をとってくれます。台数制限あり。香港あるあるで忘れているということもあるので、予約後も前日に確認を。海下行きのバスもあり、もちろんタクシーでも行けます。

カヤック(ライフジャケットつき)、シャワー、ロッカーは2,3店ある海下湾のレストラン(カフェと呼んでいるが、ちゃーちゃんてん)で有料で借りられます。ランチも出発前に時間を指定して頼んでおくとすぐに食べられます。チャーハンなどの中華料理です。

砂浜ではスタッフにカヤックの数を伝えると用意してくれます。

さて、わたしにとって初めてのカヤック。前に進むのか心配でした。友達家族3組計9人で行ったので事前に組み分け。子どもたちは基本パパと、初心者のわたしは同じく初心者のママ友と。2人で乗っているだけで安心できます。風向き、潮の流れ、波の状態で突然進まなくなったり。夫が設定した休憩地点に行くのにずいぶん時間がかかりましたが、何とかたどりつきました。

この日はまだ4月で、海水浴をするには若干水が冷たく、カヤックで水がかかると冷える、けれども日焼けは要注意という日でしたので、ウェットスーツ持参で行きました。休憩地点ではシュノーケリングをしたり、ボールで遊んだり。さすがマリンパーク内、水がきれいで魚がたくさんいました。砂浜付近にはあまりいませんが、カヤック中は大きなクラゲを何度も見ました。ちなみにサンゴの死骸がうちあげられていますが、サンゴ保護区なので持ち帰りは厳禁です。

1時間弱休憩して、ランチへ向けて出発地点へ戻ります。行きは45分でたどりついたのに、帰りは少し大回りをしたら1時間半もかかりました。最後はわたしたち二人は疲れてしまって、波打ち際で先に着いていた子どもたちに引っ張ってもらいました。何度途中で挫折しそうになったか。ランチの間も疲れ果てて無言。
わたしは体力的にきつかったのでもういいかなと思っていますが、マリンパークの山と海の雄大な景色の中でのカヤッキングは格別ですばらしい体験でした。一度は体験する価値ありです。暖かくなったらぜひカヤッキングも試してみてください。真夏に行った友だちは、暑くて大変だったそうです。熱中症にもご注意ください。


田上えり

2004年来港。香港の造園家3代目に嫁いで17年目。家族は香港人の夫と娘一人。日本でメーカー勤務、香港にてピアノ講師を経て、2020年3月まで7年間リトミック教室を主宰。現在はK.K.Gardenでプリザーブドフラワー販売、リボンとハーバリウムのレッスン・販売に従事。K.K.Gardenのブログameblo.jp/kkgardenhk

 

同じ筆者によるその他のコラムはこちら
在港17年、中文大学の北京語コースに挑戦!
https://hongkonglei.com/category/column/beijing/

 

 

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »