2022/07/01

©️ 2022 MakerVille Company Limited.

はじめまして。夫の転勤により20年暮らした英国を離れ、3年前に香港に越してきた紅磡リンダと申します。移住と同時に広告代理店勤務、出版社での編集者としてのキャリアを手放したわたし。新天地・香港で心機一転、新しい挑戦を!と野心を燃やしていたはずが、現在キャリアは二の次、Mirrorという香港産の男子アイドルグループの熱狂的ファンになっているのです。Mirrorを生活の最優先事項に据え、彼らが宣伝する商品を軒並み買いそろえ、彼らの広告バスを追いかけ、彼らのビルボードを撮影すべく深夜の街を徘徊・・・と奇行を重ねる毎日です。この連載ではMirrorのファンになって初めて見ることができた香港の姿をお伝えしていきます。初回である今回は自己紹介を兼ねてアイドルに興味ゼロだったわたしがなぜMirror病を発症し、その後どのように重症化の一途を辿ったのかを綴りたいと思います。

わたしの話でお耳汚しをする前に、ここで読者様サービス! Mirror から特選メンバー3名をご紹介します。

©️ 2022 MakerVille Company Limited.

Keung To 姜濤 / ギョン・トウ
Mirrorでナンバーワンの人気を誇る。顔、歌、ダンスすべて良し。まさに香港の宝。

©️ 2022 MakerVille Company Limited.

Lokman 楊樂文 / ロックマン
Mirror隊長。元プロダンサーの実力に加え、12人のメンバーを捌く手腕が見事。

©️ 2022 MakerVille Company Limited.

Anson Kong (AK)  江熚生 / アンソン・コン
Mirror副隊長。情熱的で友情に厚い。長い下積み時代を経て花開いた実力派美青年。

Mirror病を患い始めたのはコロナ対策が厳格化した頃。主人は在宅勤務、娘はZoomレッスンと、家族全員が毎日家に縛られて閉塞感はマックス、息抜きは規制のためゼロという状態でした。そもそも香港生活開始当初からデモの影響で友人をつくる機会を逸し、生活基盤も固まっていなかったわたしは、毎日がストレスとの闘い。意気揚々と開始した新生活から一転、意気消沈の日々を送っていました。そこに追い打ちをかけるように舞い込んだのは英国にいる家族の訃報。英国へは飛行機すら飛んでいない状況下、葬儀にZoom経由で参加するというシュールな悲しい体験で、わたしの精神状態は一気に奈落の底に沈んだのです。

香港版「おっさんずラブ」のTVドラマを見始めたのはそんな鬱なタイミングでした。中断された広東語レッスンの代わりにドラマを観ながら広東語が覚えられたらいいな、という軽い気持ちでした。ドラマに主演しているのは下記のMirrorメンバー3名、そしてここがわたしのMirror病発症源となったのです。

©️ 2022 MakerVille Company Limited.

Edan 呂爵安 / イーダン
「おっさんずラブ」春田役。イケメンなのにいじられ役。香港大卒、ピアノ、バイオリンも得意のマルチタレント。

©️ 2022 MakerVille Company Limited.

Anson Lo 盧瀚霆 / アンソン・ロー
「おっさんずラブ」牧役。デビュー前から香港のダンサー界隈で名が知られていた実力者。現在誕生日祭りが絶賛開催中(詳しくはこちらをご覧ください)

©️ 2022 MakerVille Company Limited.

Stanley 邱士縉 / スタンリー
「おっさんずラブ」マロ役。イケメン、長身、ダンスは元プロの腕前。最近では演技も高評価。割れた腹筋が自慢。

落ち込んだわたしに軽いラブコメはぴったりフィット。娯楽に飢えていたわたしはむさぼるように全話視聴完了し、初めてMirrorメンバーの顔を覚えたのでした。香港の芸能人に疎かったわたしは、この時点で初めて香港の街がMirrorに席巻されていることに気づいたのです。街に出るとドラマ主演のAnson LoやEdan の広告が目に留まるようになり、次に歌を聴き始め(Mirror病初期症状)、そのうち「彼らの広告を見た日はいいことがある」と勝手なジンクスを作ったり(この辺りからちょっと危ない・・・中期症状)、街で「リンダ、今日も頑張って!」と彼らの広告から話しかけられているように感じたり(妄想性障害も併発)、、、。その後は雪山を転がる雪玉のごとし。ストレスだらけの生活からの突破口を手に入れた代わりに、Mirrorのコンサートチケット入手に全身全霊を賭けたり、グッズの入手に課金を重ねたりと、現在のMirror病重症状態となりました。

ただ、Mirror病の重症患者となって手に入れたのは、コロナ禍でのささやかな楽しみ以上の物でした。Mirrorがいることで毎日の生活に楽しみができ、希望が湧き、新たな活力を得たのです。さらに思いもよらないことに、これまで気づかなかった新しい香港の姿が見えてきたのです。この連載では、Mirror病患者だからこそ発見できた、Mirrorを通すことでしか見えてこない、香港の一面とその魅力をお伝えしたいと思います。これからどうぞ宜しくお願いします。


紅磡リンダ(ほんはむ りんだ)
夫の転勤に伴い20年にわたる英国生活、広告代理店勤務、編集者稼業に終止符を打ち、2019年に香港に移住。
香港の状況が落ち着き、次ステップを模索し始めた折にMirror 沼に沈没。沼から鏡(ミラー)越しに見える、新しい香港を発見する毎日を送る。

Instagram 紅磡リンダ【星版】qedan_qedan


 

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。