2021/07/18

~わたしたちのカラダは食べたものでできています~

本物の食材を求めて。日本の伝統調味料をお伝えするコラム。

~甘味について~

疲れたときに、甘いものを食べると幸せな気分になりますね。

自分でコントロールできたらいいのですが、段々とやめられなくなるのが砂糖の怖いところ。食後お腹一杯なのに“つい”食べてしまうなんてことありませんか?

教室の生徒さんも、砂糖をやめられない方がほとんど。

教室では、毎日の料理から砂糖なしに慣れてもらい、穀物や食材本来の甘さを感じられるように、本来の味覚を取り戻してもらうような料理をお伝えしています。

私は16年ほど前に身体を調える料理 「食養」の世界にはいり、料理にお砂糖を使わなくなってから、外食などでの砂糖の強い甘みを感じられるようになりました。砂糖を食べると身体がしんどく、イライラしたり、おなかをこわしてしまいます。

砂糖断ちをしてみると身体はきちんと反応してくれます。

読者のみなさんに、まずは、砂糖の影響を知識として知っていただき、少しでも砂糖を減らそうと思ってもらえたら嬉しいです。

白い砂糖がやめられない~砂糖の中毒性

本や映画でも、砂糖の影響や依存性をテーマにしているものがいくつかあります。

5年ほど前の映画 「あまくない砂糖の話」は、ヘルシーだけど砂糖を大量に含む食品を60日間食べ続け、体や心がどう変化したかを実験したドキュメンタリーで、とても興味深い結果となりました。

砂糖はマイルドドラッグとよばれ、アルコールや薬物などと同じような依存性があります。

白砂糖には中毒性の特徴 ①潜在性 増量性 習慣性 が挙げられます。

潜在性・・・白砂糖を長年にわたり摂取していても、すぐに身体に変化が起きませんが、知らない間に身体を蝕んでいき、様々な病気を引き起こしていきます。

増量性・・・今日は砂糖1杯分で甘いと感じても、1週間後には砂糖2杯分でないと甘く感じないようになり、どんどん甘味を欲するようになることです。

例えば、チョコレート1かけ、1粒でよかったのに、段々と2かけ、2粒に、、、クッキー1枚が2枚に、、、となっていきます。

習慣性・・・白砂糖を使ったお菓子や料理を食べると、次々に甘いものが欲しくなってきます。例えば、食後にチョコを食べる習慣がつくと、別に食べなくてもいいのに、その時間が来ると食べたくなる。

私も会社員時代、夕方4時になると必ず甘いものを食べていました。最初は一口だったのに、疲れたから、ストレスがたまったから二口、三口と食べてしまい、止まらなくなったこともしばしばありました。身体は砂糖をとらないとやる気がおきないようになっていました。今思えば砂糖依存だったことがわかります。

砂糖の甘味は中毒性があるので、やめるのはかなりつらいのですが、身体への影響を知ることで、少しずつコントロールできるようになるかなと思っています。

次回は、白い砂糖を食べたらどんなことが起こる? についてお伝えします。

 

—————————————————————————————————

~毎日のごはんで身体を調える~ 自然食療法家・国際薬膳師・マクロビオティック講師KYOKO

毎日のごはんが、明日の自分をつくる。薬膳マクロビオティック教室では「料理+考える力」を大切にしています。多角的視点で、体調・体質・季節にあわせた食材の選び方や調理法を学びます。生徒さんの様々な体調の質問を皆で読み解き、身体の声が聞こえるようになることが目標です。

意見を投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »