2024/05/15

今月のHello from Editorは、助けが必要な動物たちにわたしたちが出来ること、その実例と方法をご紹介しています。


保護犬フォスター体験記
「Fabulous ファビちゃんがやってきた!」

1)保護犬、ファビちゃんがやってきた!
2)受入れプロセス、わたしの心のプロセス
3)猫を被る犬、ファビちゃん。正体を現す。
4)サリバン先生も驚く、ファビアン先生の厳しい躾
5)“Adopt. Don’t shop” 『買わないで。引き取ってあげて』←今ココ
6)バイバイ、ファビちゃん

 

動物たちの現状(5月19日公開)
レスキュー団体について(政府系の機関、民間機関)
Kirstin’s Zoo

 

わたしたちができること
フォスターファミリーになるという選択
どんな動物のフォスターになれる?
期間は?審査は?
香港を移動することになった!どうする?


保護犬フォスター体験記
「Fabulous ファビちゃんがやってきた!」

 

5)“Adopt. Don’t shop『買わないで。引き取ってあげて』

今年1月に、我が家にフォスター犬としてやってきた柴犬ファビちゃん。一時預かりに大反対で「俺は何もしないからな!」と豪語していた夫も、尻尾を振りながら飛びついてくるファビちゃんの可愛さには抗えなかったようで、週末には進んでお散歩に連れて行くようになりました。その上、外で犬を見かけると「ふふん、ファビアンが一番かわいいな」などと言い出す始末……。犬の魅力に、人間は簡単に取り憑かれてしまうもののようです。

さて、一時預かりをしている間、わたしはフォスターファミリーとして、月に2回のAdoption Dayにファビちゃんを連れて行く義務がありました。多くの人に保護犬を見てもらうそのイベントには、もちろん他のフォスター犬も集まります。子犬、老犬、小型犬から中、大型犬。捨てられ、彷徨い、怪我をしていたところを保護された犬もいますし、飼い主に手放された犬もいます。

Adoption Day で多くの人に見てもらうファビちゃん

そんな彼らと時間を過ごしたわたしからお願いがあります。それは犬、猫、うさぎ、ハムスターなどのペットを希望する際、是非とも保護されている動物の迎え入れを検討して欲しいということです。

利益優先のペットショップで売られている動物達は、劣悪な環境下で飼育されていることが多々あります。その劣悪な環境から助け出され、保護団体にやってくる動物も少なからずいます。それに関してこちらのサイトに詳しくあるので、英語ではありますが、ご興味があれば是非読んでみてください。

ちなみにイングランドでは、2020年から、6ヶ月未満の子犬や子猫をショップで販売することを禁止。保護動物の引き取りや、信頼できるブリーダーから対面購入することを奨励しています。フランスでも2024年から犬と猫のショップでの生態販売を禁止しています。

信頼できる動物保護団体やブリーダーは、その動物があなたのライフスタイルに合っているかを一緒に考えてくれますし、またあなたがその動物にとっていい環境を提供できるのかもきちんと確認してくれるでしょう。ペットを飼うということは、飼い主の欲求を満たすだけでなく、ペットにとっても幸せな環境がなくては成り立たないのですから。

Adoption Dayを終えて帰りのタクシーの中で甘えるファビちゃん

 

6)バイバイ、ファビちゃん

さてAdoption Dayに行く度に、そのつぶらな瞳と愛らしさで通行人を魅了するファビちゃん。そんな彼にはもちろん数家族から引き取りオファーがあったようです。ただ、団体長はファビちゃんにとってベストの家庭、つまり愛情を持って育てることはもちろん、留守にする時間が最小限で、また多くの時間を彼との運動に割ける家庭を粘り強く一生懸命探してくれました。

そして我が家でフォスターを始めてから3ヶ月経ったある日。ついに団体長のお眼鏡に適う家庭が現れ、全ての引き取りプロセスを経たその家族が我が家にファビちゃんをお迎えにやってきました。

お迎えの日、ファビちゃんは、その犬好きの優しいお父さんを見るなり、すぐに飛びつき、彼の顔をぺろぺろと舐めました。わたしもその家族と会話をする中で、直感的に「この家族なら、ファビちゃんを大切にしてくれる!」と思うことができました。

そしてお別れの時。ファビちゃんは、三つ指ついて「お父様、お母様、お兄様方、本日まで大変お世話になりました。お別れするのは寂しいですが……」などと言うはずもなく、ルンルンと尻を振りながら我が家を出ていきました。

あっけないお別れ。でも自分たちでファビちゃんを引き取ってくれる人に実際に会えて、信用できる人達だと確信できてよかったと思っています。

 

あれから数週間経った今、ファビちゃんをよく思い出します。

毎朝、起きると駆け寄ってくるファビちゃん。原稿を書いていると足元に寝転がって上目遣いでわたしを見上げるファビちゃん。子ども達が帰ってくると大喜びで「ボール投げろ。遊ぼうぜ」と誘うファビちゃん。ものを齧られたり、粗相をされて大変なこともありました。散歩が面倒臭いと思ったことだって何回もあります。でもそれでもやっぱりファビちゃんと一緒に過ごせてわたし達家族はとても楽しかったのです。今、ファビちゃんがゴロゴロしていた冷蔵庫の前がガランとしているのを見ると寂しくなります。

冷蔵庫の前を縄張りにしているファビちゃん

いつか永住の地についたなら、今度はフォスターではなく、最後まで面倒をみる犬を家族に迎え入れたいな、と思っています。

 

いかがでしたでしょうか?香港での保護犬フォスター体験記。もし保護動物の引き取り(Adoption)や一時預かり(Fostering)、またその他ボランティアに興味がありましたら、香港にあるいくつかの動物保護団体を調べてみてください(5月19日公開の次ページにも情報を掲載します)。可愛い動物達と触れ合い、皆様の香港生活がより豊かなものとなりますように!

 

4ページ:動物たちの現状(5月19日公開)

ー3ー4ー5

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

Translate »