2022/06/27

長い長い引っ越し活動が終わりを迎えました。築25年のアパートに引っ越しをすることが決まり、初めての村屋暮らしが始まろうとしていました。


不動産屋さんには、我が家と大家さんからそれぞれ半月分の合計1ヶ月を支払いました。大家さんへは、2ヶ月分の家賃をディポジットとして納め、1ヶ月分の家賃を支払いました。鍵をもらって慣れない手つきで初めて自分で家のドアを開けた時の心底ほっとした気持ちと言ったら!

 

まず、入居する前に、香港の義母が「拜四角」という儀式を行なってくれるとのことで、お札やお線香、お供えする3色の果物と落花生などの食べ物を持ってやってきました。写真を撮ろうとしたら「ダメ!」と怒られてしまいましたので、写真はありません。

 

義母は、リビングルームの真ん中でお札やお線香を焚いて、家の4角にもお香を立てました。お酒を少しずつ家族全員でお供えしました。

これは香港の家庭では通常鍵をもらった日に、賃貸、不動産問わず行うそうで、四角拝礼(家の四角を左手から時計回りにお祈りして、中央に戻ってくる)を行い五方神明家神(東「青帝」西「白帝」南「赤帝」北「黒帝」と中央「黄帝」の神仙のこと)にご加護を祈願し、家屋が平安で、調和があり、家に問題など起こらないことを祈るものだそうです。食べ物以外の「拜四角」は、仏具店でセットで販売されています。


(仏具店で購入できる拜四角セットには、店により違いますが、イラストのようなお札の束以外に、蝋燭やお線香もついています)

お香の煙は、全てのマイナスエネルギー、室内の不浄なオーラなどを排除すると信じられており、目がしばしばするほどの煙で部屋中が覆われましたが、これで良いそうです。正確に行う場合は、風水や奇門遁甲の専門家に来てもらって、吉日吉時に吉方面で祈願することをおすすめします。とりあえず、我が家は義母が取り仕切ってくれたので、気持ちよく入居する準備が整いました。(参考資料として儀式を説明したサイトは拜四角で検索すると、記事や動画がたくさん出てきますので、気になる方はご覧になってみてください)

 

今回頼んだローカルの引っ越し会社は、前回同様のチャンピオン・ムービング。夫が1回目の倉庫と仮住まいへの引っ越し、2回目の仮住まいと倉庫からの引っ越しをまとめて交渉して、全て込み込みで1万ドル以下で完了したと思います。前にも書きましたが、ローカルの引っ越し屋さんは、とにかく早い!竜巻の如くやってきて去っていきますので、こちら側もスピード重視です!荷物を新しいアパートに入れる際は、荷物がどの部屋に行くべきか、テキパキ指示出しする必要があります。ちょっとでも悩んでいようものなら、あっという間にリビングルームが箱の山積み状態に。実際一緒についていた夫も、全く把握してなかったので、あれよあれよと運び込まれる荷物に、オタオタしている間にあっという間に埋もれてしまいました。(写真は引っ越し当日の片付け始めたリビングルームの一部)

とにもかくにも、恐ろしく散らかった箱の山を見て途方に暮れてしまいましたが、あー入居したんだなと実感した瞬間になりました。

 

引っ越し大作戦のコラムも今日で最終回となります。長らくわたしのジャーニーにお付き合いくださりありがとうございました。

 

引っ越し当初は、今までと同じ、とっても便利で魅力的な設備が完備された高層アパートで今後も生活していくのを何の疑いもなく、当然のこととして捉えていました。でも、少しずつ自分が本当にしたい暮らしとはどんなものだろうと考え始めてみたら、自分なりの居心地の良い暮らし方があることに気がつきました。それは、違和感とも言える日頃の心の詰まりや、わずかな心地悪さに気がつくことで見えてきて、どんな暮らしがいいかなっと心で思い描いた結果、香港で無理だと思われた思ってもみない庭のある暮らしの扉を開けることができました。

 

香港はなんと言っても高層ビルが連立する街のイメージがあり、常に世界の中でも不動産や物価が高いことでも有名です。イギリス人材調査会社のECAインターナショナルによる世界主要都市の駐在員生活費ランキンングで、香港は2020年と2021年の2年連続で1位となっていることから、香港では高い高層アパートに住むこと以外にあまり選択肢がないように思われます。でも実際は、郊外に住めば家賃は安くなる場合もありますし、少し年季の入ったアパートなら尚更安くなるでしょう。今回、こういう選択肢もあることをお伝えできる機会が持てたことを嬉しく思います。これから引っ越しする方の参考になればと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

 


今回のコラムはこれで終了しますが、次回から「香港村屋暮らし」が始まります。村屋に住む醍醐味はなんと言っても自然が近くなることです。そして緑の香りがする空気!喜び勇んで始めた村屋暮らしですが、最初の2ヶ月はかなり間違った選択をしたと思って落ち込んだこともありました。案外都会っ子の自分を発見した、わたしの村屋暮らしを今後はお伝えできればと思います。ちなみに、あれだけ嫌がっていた夫は「思ったより良かった」と言って、わたしよりも村屋暮らしを満喫している模様です!また新しいコラムでお目にかかれるのを楽しみにしております。

(初回は7月27日アップ予定です)


第1回 https://hongkonglei.com/hkmoving01/
第2回 https://hongkonglei.com/hkmoving02/
第3回 https://hongkonglei.com/hkmoving03/
第4回 https://hongkonglei.com/hkmoving04/
第5回 https://hongkonglei.com/hkmoving05/
第6回 https://hongkonglei.com/hkmoving06/
第7回 https://hongkonglei.com/hkmoving07
第8回 https://hongkonglei.com/hkmoving08/
第9回 https://hongkonglei.com/hkmoving09/
第10回 https://hongkonglei.com/hkmoving10/
第11回 https://hongkonglei.com/hkmoving11/

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。