2023/01/24

こんにちは。今回も番外編、香港人夫ペドロの休日です。
10月のある日、夫はカオルーンピークへキャンプに出かけました。

カオルーンピークへは3種類ルートがありますが、夫はインスタスポットとしても有名な自殺崖を通るルートで行きました。

グレーの道は上級者コース

このルートは上級者向けです。最近でも自殺崖で無謀な写真撮影をして非難されている人がいましたが、登山道も難しく落下死亡事故も多いところです。

自殺崖

登山経験が少なく、計画や装備が十分でない人は避けるべきルートです。

頂上までたどりつき、夕日と夜景の撮影を。台風前しか見られない真っ赤な夕焼け。

日が完全に暮れると香港と九龍両方の夜景が広がります。


この夜景ポイントはドライブデートで有名なポイントとは違います。
そこから車でも来られるキャンプポイントまで移動し、テントを設置し夕食の準備です。

夕食は枝竹豆腐火腩飯 。湯葉と豚バラと豆腐の中華丼です。キャンプの夕食作りも楽しんでいます。


その日は台風シグナル1が出ていました。夫は事前にシグナルが上がる可能性が低いこと、風向き、強さを調べてから出発していますが、カオルーンピーク頂上は夜になると思いのほか風が強くなり、風がよけられる場所に移動したものの気温もかなり低くなり、夜中でしたが断念して車を呼んで帰ってきました。バンを呼ぶアプリを利用しましたが、夜中にカオルーンピークの山頂まで来てくれて助かりました。
真夜中に鳴るはずのない家のベルが鳴って、寝ていた私は夫が帰ってきたことにとても驚きましたが(笑)、悪天候で無理をしないという決断は良かったと思います。

ところで、このキャンプの目的は、中國香港攀山及攀登總會に所属している会社の三級訓練課程を受講する条件をクリアするためでした。標高、歩く距離、荷物の量など細かく条件が定められています。
この条件をカオルーンピークのルートが満たしていたのですが、今回取りやめたことで夫の年齢と体力では厳しいことを悟り、断念しました。ちなみに一級と二級は訓練課程を修了済みです。一級、二級は60代の受講者もいます。


一級では、登山やキャンプを安全に行えるよう知識を座学と実践で習得します。最終日にはテストもあります。二級ではさらなる知識を学び、実践します。講義はすべて広東語です。夫はこの講座でロープの結び方にはまって、ロープだけの講座も別にとっていました。ロープの講座ではジップラインの実技もあったりして楽しんでいました。ロープは別の協会が主催しています。
この講座を通して、安全な用具や便利なキャンプ用品、売っているお店など紹介してもらって夫のキャンプが充実しました。また一緒に登山やキャンプに行く仲間にも知り合えたようです。


田上えり

2004年来港。香港の造園家3代目に嫁いで18年目。家族は香港人の夫と娘一人。日本でメーカー勤務、香港にてピアノ講師を経て、2020年3月まで7年間リトミック教室を主宰。現在はK.K.Gardenでプリザーブドフラワー販売、リボンとハーバリウムのレッスン・販売に従事。K.K.Gardenのブログameblo.jp/kkgardenhk

 

同じ筆者によるその他のコラムはこちら
在港17年、中文大学の北京語コースに挑戦!
https://hongkonglei.com/category/column/beijing/

 

コメントをありがとうございます。コメントは承認審査後に閲覧可能になります。少々お待ちください

意見を投稿する

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。