2020/11/15

時代を越えて受け継がれてきた火龍の舞。 「疫病退散!」の伝統のパワーは、きっと2020年の閉塞感も打ち破ってくれるはず。みんなで一緒に乗り越えましょう!
今から140年前の中秋節前夜のこと。香港島の漁村、大坑村はひどい台風被害に見舞われました。
時を同じくして大蛇が現れ、家畜は食い荒らされて全滅。村人たちの手で蛇は殺されたものの、その翌日から原因不明の疫病が広がり、村人の多くが命を落としました。
ある晩、村の長老の夢枕に菩薩が現れて、こう告げました。「爆竹と火龍の舞が病を退治するだろう」。それ以来、大坑村では中秋節になると、健康と幸福を願い、また村の歴史を語り継ぐために、ファイヤー・ドラゴン・ダンスを行うようになったのです。
人々の願いを乗せて躍動する伝統の舞は毎年、中秋節(旧暦8月15日)から3日にわたって開催。

WRITER書いた人

Hong Kong LEI (ホンコン・レイ) は、香港の生活をもっと楽しくする女性や家族向けライフスタイルマガジンです。

LEI’s Select Shopホンコン・レイがお勧めするショッピング情報

ABOUT US

ホンコン・レイでは、企業サポートを行っております。

Translate »